2009年12月6日日曜日

頑張れカメルーン!!なんと初戦が日本

驚きました!カメルーンが来年の2010ワールドカップで日本と同じ組、それも初戦で戦うことになりました。

運命のいたずらか、わずか1100人の中津江村民は悩みました。

でも、中津江村民は「義理と人情」を捨てません。

中津江村民は「カメルーン」を応援します。

カメルーン・日本戦では1億人を敵にするしかありません。

頑張ります!!少し応援してくださいね。
でも、カメルーン戦が終われば、中津江村民は熱烈な「日本」のサポーターですよ!!

大正時代、鯛生金山のオーナーはイギリス人の「ハンス・ハンター氏」でした。当然イギリス人ですから、鯛生でもサッカーをしてたと思います。鯛生金山坑内見張所のハンター氏の人形にもカメルーンサッカーチームのユニホームを着てもらいました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

<< ホーム