~中津江村の旬の情報をお届けするニュースサイト~

森川緑ニュース

2006年04月17日

花わさびを販売しているお店紹介(再) by toshi

【津江の森の写真を撮ってきましたので再度アップします。】

morichiさんからのリクエストで花わさびを販売しているお店を紹介します。

その前に・・・
津江地方には以前から山や沢にわさびが自生していたらしいです。
で、津江のほうでは根は食べる習慣がなくてほとんど花ばかりだったらしいです。

実際に日田市の少し下流の原鶴温泉辺りの年配の方には、この花わさびが飛ぶように売れます。
おひたしや浅漬けなどに使われているらしいです。

葉、茎、根どれも食べれるけど、花が一番おいしいという方が津江地域では断然多いですね。

そして花の時期は今!!今しか食べられない旬の味ということになります。
そんな花わさびは今は林間といって杉林などの木陰で栽培したわさびの花が収穫最盛期です。

そんな花わさびを直接農家まで出向いて入荷しているのが
日田市高瀬にある『津江の森』です。今の時期は必ず店頭にならんでいます。『花わさび』というのぼりも出ているのですぐわかると思います。

簡単な醤油漬けの方法も教えてくれるはずです。是非お越しください。
ホームページを紹介します。
『津江の森』crap.gif

2006年04月10日

県政テレビ番組「大分情報大事典」が取材にきました! by toshi

kensei.gif
先日、大分県の県政テレビの担当の方達が、中津江のわさびを取材にきました。

林間わさびはちょうど花盛り!沢わさびは花が終わりかけとはいったものの、きれいな白い花が咲いていました。

村に数少ない沢わさび農家遠坂さんのわさび田に訪れての撮影でした。
今年はテレビの影響もありわさびが高値で売れるらしいです。だけど、わさびは2年から3年かけて栽培するので、今年たくさん出荷してしまうと、来年が出荷できなくなるので、それも迷惑になるからと、いくら高値でも毎年、毎年決められたサイクルで収穫、出荷していると話されていました。

わさびの加工がフル回転! by toshi

取材の最後には、㈱つえエーピーのわさび加工ラインの撮影がありました。

今の時期は、ハウス栽培されたわさびの茎や葉っぱが出荷されています。
野中君をはじめ、たくさんのパートさんやバイトの人が、一日がんばって加工をしても、次から次へと原料のわさびが詰まれたダンボール箱が集荷場に届きます。

加工場の中は、わさびの独特のつんとした香りと、葉っぱの青いにおいが混ざっていました。
チューブわさびにはない、わさびの風味は、加工場に来てみないことには、説明できません。

わさびの加工は5月ごろまで続きます。
㈱つえエーピーは加工場の見学も受け付けていますので、ぜひお問い合わせしてみてください。

wasakakou.gif

2006年03月30日

葉わさびのシーズンです。 by editor

wasabihana.gif

葉わさびのシーズンです。
それに今は花ワサビの短い旬です。
先日中津江で休日を過ごしているときに買い求め、宗像の実家の分と、お料理上手の漁師のおばちゃんのところに持っていきました。魚とワサビは熱愛関係ですもんね。

そして、一束のワサビをあげたところ、おばちゃんは「まあきれい!わさびってこんな花が咲くのね。食べる前に飾っておきましょう」って。そうかー。そういう見方もあるのね。

食べられるブーケなのだわ。わさび漬けの漬け方をかわいいカードに書いて、ミニブーケみたいなラッピングにして「食べられるわさびのブーケ」なんて書いてお店に出したら、ナウなヤングに大人気かもよ。

ということで、写真はちょっと花の盛りを過ぎてしまいましたが、今、津江周辺のお店などで、お求めいただけます。
詳しいことは、編集長に補足してもらおうと思います。(morichi)

2006年03月07日

竹田市の~ひいなあそび~でデモ、開催 by toshi



3月5日(日)に竹田市の観光協会の井上さんのお誘いで、チェンソーアートのデモンストレーションに出張してきました。

チェンソーアートクラブ中津江村でのデモンストレーションはこの頃、永瀬会長直々に出張してもらっています。

商店街のど真ん中を交通規制(全面通行止め)をしてのイベントでした。
道路を貸しきってのイベントは初めて・・・

いつもグラウンドの隅とか、食品にのこクズが入らない外れた場所とか・・・
うるさくない場所とか・・・

そんな場所でしかしたことがないため、逆に緊張して・・・(って私がしたわけではないですが・・・)
本当にこんな場所でさせてもらっていいのだろうか・・・・と気が引けてしまいました。

無事に1時間で作品も完成し、作品も買っていただき!!大変お世話になりました。

客の後姿は、私の息子です。(親ばかです。)
はじめ見てましたが、さっさと竹馬と竹とんぼコーナーに走っていってしまいました。
写真を撮ってましたが、結局は自分の息子主体で撮ってしまって・・・いい写真がありませんでした。
非常に申し訳ない・・・


taketa.gif

2006年02月15日

つえエーピー豆田店 限定オープン by toshi

本日2月15日から、㈱つえエーピーの豆田店が限定オープンしました。
期間は1ヶ月間の予定ですが、あくまで予定です。

営業時間は10:00~17:00

以前は物品販売がメインでしたが、今回は飲食店となってリニューアルしました。

メニューは
 ゆずバーガー 300円
 わさびマヨネーズバーガー 300円
 日田の”なし”を使った
 フルーツカレー  400円
 ゆずはちみつドリンク 150円
 バーガー&ドリンクセット 400円

となっております。
 メニュー詳細は明日から一品づつでも紹介していきます。
地域限定バーガーです!ぜひお立ちよりください。

場所はこちらです。
豆田町のマップ(日田観光マップ)

2006年02月13日

黄金の鯛盗難・・・ by toshi

 鯛生金山の黄金の鯛が窃盗にあったようです。

今朝、従業員が出社した際に、貴金属販売の場所が荒らされており、坑内の黄金の夫婦鯛の内の大きい方がなくなっていたそうです。

鯛は30キロもして、池の真ん中辺りに飾られていたので、
昨日のように冷え込んだ夜に、水の中に入って盗ったんだろうと思います。

夜の早い内から、明け方まで満月が明々としていたので、ライトなんかをつけずに行けたのかもしれませんね。

日頃から、あまり無造作に置かれているから、観光客の方も本当の金でできているとは思っていなかった人も多かったと思いますが、本物だから飾る価値があったわけですし・・・
名物でもあったんですけどね。

民家に強盗が入ったり、ぼや騒ぎがあったりと、すごくいやな出来事が続いた矢先の出来事となってしまいすごく残念です。

無事に見つかるといいのですが・・・

2006年02月07日

感動した瞬間・・・ by toshi

週末に家の庭木を切ろうと、バリカン(エンジンの先にギザギザの歯がついていて、バリバリと葉っぱの先を切りそろえる機械=よく沿道の樹木を切っている人が使っている機械の家庭用)を使っていると、30分くらい使ったところで突然エンスト・・・・

いくら紐を引いてもまったくかかる気配がない・・・

とりあえずわかる部分を見てみようと思い。プラグを見たり燃料を見たりしたけどどこも変なところはない。
ということは残るはキャブレター・・・

週末だけの機械作業でそんなに機械に負担をかけるわけでもなく、ほとんど整備経験のない私だが、農機具屋に持って行くのも億劫・・・これはいっちょあけてみますか~と一大決心をしてキャブにドライバーを伸ばして行く。

二度と動かないようにならないよう、慎重に色々な場所を確認しながら解体。(というほど精密な機械ではなかったわけですが・・・)あけるときは、もうすでに、農機具屋のおじちゃんの気分・・・

特に詰まっている様子もなく、エアフィルターのスポンジがぼろぼろだったたので、たぶんこスポンジを吸い込んだのかもしれないと、スポンジを近くの農機具屋さんに頼んで、数日後到着。
スポンジを取り付け、いざ!!

ブルンと一回目でエンジン始動!!
おお!!感動~

機械が良くなったら、又冬に逆戻りで・・・
まだ、庭木を切っていないのですが・・・

2006年01月30日

トリニータ後援会中津江設立 by toshi

syuzai.gif
鯛生スポーツセンターで開催された。
中津江村後援会設立総会。

中津江村から大分トリニータを応援していこう!!と中津江村で後援会を立ち上げました。
現在大分トリニータの後援会長として中津江村地球財団の坂本理事長が大分県にもっとトリニータ人口を増やそう!!と、この会を立ち上げました。

総会には溝畑代表取締役も来賓として出席、サイン会には柴小屋選手、松橋選手が参加し、みなさんと楽しく交流できました。

会場には、熱狂的なトリニータファンも来て、サイン会場に選手が入ってくるなりエールがあがり
雰囲気はビックアイでした。

今年も、トリニータ応援に行きますか!!!

当日のもようは
鯛生スポーツセンターのホームページ
 に掲載されております。

2006年01月05日

中津江の新年会 by toshi

忘年会のときに、色々な部署で忘年会の趣向が違うのか気になって
『どんな忘年会や新年会をするとかい?』
って聞いていたところ。

中津江の新年会がないのに気が付いた。
『あれ?中津江って忘年会は絶対するけどか、新年会って今までしたことないよ・・』

と忘年会の時に話していたのをふと思い出した。

それは、今日・・・
『1月か1月といえば山の神があるね~
16日だから来週中にはせんといかんね!!どこ(の飲み屋)にするかいな?』
とトイレにしゃがみながら考えた時・・・

あら!!中津江の新年会というイベントは実は山の神にばけとったばい!!
新年会というと飲み会だが山の神といえば神事。神聖な年間行事の中の一つ!!
お酒もお神酒に変わる!!

年明けに中津江村の人は新年会で飲むことがない!ことはないのだ~と妙に納得した。

さて、来週はどこに飲みに行こうか・・・

2006年01月01日

あけましておめでとうございます。 by toshi

hinode.gif
朝、おきると快晴だったので、すぐさま子供を起こして近くの橋に日の出を見に行きました。
すごく、寒くすぐ車に乗ってしまいましたが、きれいな朝日が昇りました。

道路にそのまま車を止めてみていたら、次々に車が止まりました。

2005年12月18日

雪!! by toshi

昨日からやけに寒くなり、テレビでも一番の寒さと天気予報
予定していたお出かけも延期して、近所の公園に朝から、そりをもって、すべりに行ってきました。

そりもちゃんと買ったやつ・・・
去年、買って一回しか使わなかったそりを倉庫から引っ張り出して
車にチェーンをはめて・・・

家族総出でそりすべりに・・・朝から・・・
公園に行って思う存分滑ってきました。
そりに乗らないでも下までそりと一緒に競争して走って下り、また上ってきて・・・

最後には冷たいといって泣き始めたので、1時間少々で帰ってきました。
帰るころには道路の雪も解けていました。

sori.gif

2005年12月15日

トンネルを抜けるとそこは・・ by oza

一昨日の事、所用でおとなりの菊池市(熊本)に行った時のこと。中津江は前夜からの雪で道路も積雪しており冬タイヤやチェーンなしでは運転できない道路状況。私も苦労してチェーンをはめ出発。

上津江をとおり、峠に近づくにつれ、対向車線の車が何台も立ち往生。トラックが多いんですが、あきらめたように、ウィンカー出して、ウィンドウ越しに足だけが見えるトラックや、チェーンをはめているトラック。つまり菊池側は雪がなかったということなんだと気がつくのにはしばらくかかった。だってこれだけ降っているんだから、まさか、菊池側にまったく雪がないとは思えないし。が

峠のトンネルを抜けると、まったく雪がない、きれーいにない。その現実を見つつもまだ雪がないことになじんでないまま車を走らせると、苦労してはめたチェーンが「ゴー」と音を上げる。「わたっかよ、はずすよ、俺が悪かった」。再び苦労してチェーンをはずす。なんかむなしい。

菊池の街は青空がどーんと広がっていて、ただ津江のほうをみるとそこは薄暗い雲に覆われている。「あの中は雪なのね」。

帰りはチェーンをはめる気力はなく。カメのような運転で帰ったのだ(よい子はまねしないように)。

2005年11月28日

見事にダウンしました。 by toshi

 11月20日のふるさとまつりで見事に体調を壊したまま、11月26日、27日にチェンソーアートミーティングIN中津江村というチェンソーアートの大会の準備及び開催。
 と、厚着をしてタオルを首に巻いてという毎日で・・・
帰ってくればバタンキューという日が続き、チェンソーアート大会26日の交流会で岡山県の片岡さんが持ってきたにごり酒をいただいて、鍋を食べておいしいものずくしで満足して寝たら。

次の日はすっきりでした。
そして今日・・・ふるさとまつりのことも、すでに遅し・・・って感じですが
また、明日にでも・・・掲載させていただきます。

2005年10月30日

大分県農林水産祭でもデモをしてきました。 by toshi

 29日、30日と大分県別府市の別府公園で開催された
大分県農林水産祭でチェンソーアートデモをしてきました。

別府公園のほぼ全体を使用しての県の祭りで、例年にぎわっています。

ふるさとの味レストランやふるさと産直・地域とれたて市なども開催されていました。
その中で学び・体験・交流ゾーンという場所の木工教室の横でまた今年も
チェンソーアートデモをしてきました。

土曜日はまたまた寒くて・・・
なぜか、私が行くと寒い日になります。
nourin.gif
nouten.JPG

2005年10月24日

日田の森フェアに行ってきました。 by toshi

10月22日、23日の2日間

日田市サッポロビール庭園で日田の森フェアが開催されました。
初日は早朝の雨ですごく寒い日となりましたが、
2日目は秋晴れですごく気持ちのよい日になりました。

今回は、チェンソーアートクラブ中津江村がデモで招待されたのです。

とうとう日田市でのイベントにも呼ばれるようになりました。
日田地域は杉林の有名な場所、興味をもたれないわけはないと思ってました。

私もデモで登場・・・
2日間通しで永瀬会長が、後は1日目が私と、2日目に赤星副会長という日程でした。
1時間30分という時間設定でしたデモですが、久しぶりだったので、手がしびれるやらチェンソーがやけに重いやらで、なかなか動かせませんでした。

でできたのが写真左の犬、永瀬さんはふくろうでした。
hitanomori.gif






商品販売用のテントも準備していただき、販売もさせていただきました。
syutten.gif

2005年10月19日

満月 by toshi

 昨日は、きれいな満月でした。
写真は全くだめですが・・・

月夜の晩に懐中電灯なんか持たずに歩くのがこの頃大好きになりました。

子供のころはお化けが怖くて歩けませんでしたが・・・
mangetu.gif

2005年10月18日

編集局のフリー記者 森さんのページができました!! by toshi

 森川緑ニュースの編集局(おそれおおくもなのですが・・・勝手に編集局にしております。)であり。
様々な方面で大活躍している 森 千鶴子さんの「森の新聞」のweb版が完成したのでご紹介します。

http://blog.livedoor.jp/morichi2005/

2005年10月11日

子供の目線 by toshi

mesen.gif
カマキリ騒動の後は今度は、デジカメで遊ばれてしまいました。
その中で、面白い写真が・・・
被写体は私の背中なのですが。。。

この目線は、自分の子供のころを思い出す目線で。。。
昔はこの目線で色々見ていたな~と感慨深くなってしまった一枚でした・・・

後ろは洗濯物です・・・

カマキリからゼンマイ!? by toshi

 この頃のうちのブームはカマキリを捕まえることです。
7歳と4歳の男の子がカマキリを捕ってきてはおじいちゃんとお母さんに見せに行きます。
いつものことだから、私はテレビを見ておりますと

子供「ぜんまいだ!!」
母親「わーぜんまいだ!!久しぶりに見た~」
「ぜんまい、ぜんまい」

という言葉が後ろから聞こえてきます。
「ぜんまい?」
ゼンマイは山菜やろ、それも今は時期はずれ!何の話?
と振り返ってみると

そこには、ぜんまいのようにくねくねとねじれる黒い糸のようなものが・・・
「なんこれ?」と聞くと親子そろって「ぜんまい!!」
「えーはじめてみた」と驚いていると
zennmai.gif


「まだいっぱいあるとばい!」と長男が外に走って出て行きました。
「ほら!」と手には30センチくらいあるものやくるくるに巻いているものを持ってきました。

zenmai.gif

「他にもいっぱいあるけどまだいる?」
「いや・・・いらない・・・」
「まだ大きいのもあるばい」
「いや・・・よかろう・・・これでじゅうぶんばい」
「今(の時期)、いっぱい見つかるとばい」
と自慢げに教えてくれました。

お母さんにゼンマイってなに?と聞くといや「ぜんまい」
おじいちゃんに聞いても「ぜんまい」
「何だ??寄生虫じゃないと?」という問いに
「そうかもしれんね~しばらく動いたら固まるし、ぜんまいがでてきたらカマキリも死ぬっていうしね。なんじゃろうか」

インターネットで探してみるとありました。
夏休みの自由研究みたいで楽しかった終末でした。
下のページが、物体の正体を説明しているページです。
http://www.kagaku.info/faq/mantis990910/index.htm

2005年10月06日

鯛生金山まつりが開催されました。 by toshi

 10月2日に鯛生金山で金山まつりが開催されました。
昨年までは、鯛生金山が主体ですが、鯛生金山は中津江村直営でしたので、村の行事として開催されていました。今年は、中津江村地球財団が主体で開催しました。

村の子供たちの太鼓や、舞踊や、丸太切大会、餅まき大会そして砂金取り大会など、大会だらけの祭りになりました。

ただ、例年と違うのは、その大会の開催を地元の商工会や青年部、婦人部など様々な団体か持ち寄って開催したことです。
私個人の一押しは、商工会のバザー!!
中津江バーガーが新登場し、ホットドックもありました。
この二つが予想を超えてはるかにおいしくて、すごくほこほこ気分になれました。



kinzan.gif猿田彦(天狗)を先頭に氏子、稚児などが歩いていきます。

jakko.gif子供たちの太鼓『若鼓衆(じゃっこしゅう)』の登場です。

matuken.gifまたまた子供たち!『まつけんサンバ』をご披露中

sakin.gif恒例イベント、砂金取り大会!あまりの楽しさに時間のたつのも忘れて集中しています。

2005年10月05日

稲刈りの写真が届きました。 by toshi

 先日、稲刈りの記事を掲載しましたが、その記事を見て写真をメールで送ってきてくれました!! ナイス!貴彦君!感謝するぜ!!
inekari.gif
まずは、稲刈り鎌で・・・sennba.gif
昔の道具、せんばこきの体験dakkoku.gif
後は最新技術で・・・

日田市役所本庁に『めじろん』登場!! by toshi

 日田市役所駐車場からの入り口にチェンソーアートがでんとたっていました。
駐車場から歩いていくと、どこかで見たような雰囲気の物があるな~と思い、徐々に近づくとなんと!!
チェンソーアートではないか!!
あれ?どこかで見た作風だな?ん?ともっと近寄ってみると。
なんとパネルには中津江のチェンソーアーティスト永瀬 正直さんの貸与と書いている!!
meji1.gif

meji3.gif

お~!!ちゃっかり宣伝して!!
にくいね~なんて思ってすぐに正直さんに電話で連絡。
伊東「やらかしてますね~、市役所入り口の作品を見ましたよ」
永瀬「あ~あれ?国体事務局の知り合いから頼まれてね、作ってくれないかって」
伊東「え~貸与って書いてましたよ」
永瀬「え~貸与?あ~貸与になってるんだ。」
伊東「貸与っちゃ、やったとかね?それとも貸すだけで後は返してくれるとかね?」
永瀬「そこら辺は話さなかったきね~、ただやったとやろ~ね~」

まあ、すごくいい宣伝にはなってるから・・・と話をごまかしてしまいました。

けどすごくかわいくできていて、皆、足を止めてみてました。
meji2.gif
チェンソーアート中津江、徐々に日田市内進出中!!

2005年10月03日

田んぼの稲刈り!! by toshi

 10月1日に「たかひこにまじぼれ」の稲刈りを決行しました。
福岡市内から5名の若き女性も参加、「貴彦」を筆頭にした村の男性陣が
手伝います。
 去年につづき2年目の開催。
去年は掛け干しにして、台風ばかり来てしまって余りよくなかったので、今年は鎌で刈ったあとそのまま脱穀しました。
 車が溝に落ちるなんていうハプニングも多少ありましたが、全員けがなく楽しい稲刈りができました!筋肉痛になる人もいて・・・稲刈りで筋肉痛というのも変な感じですよね。日頃中腰になって作業することなんてないからでしょうね。

 夜は当然!!『田舎に泊まろう』の鑑賞会!!
2回も見て・・・次回開催は12月の収穫祭かな?貴彦さん楽しみにしてます!!

PS.今回は誰かがカメラを持ってきているだろう、という安直な考えで集まったところが誰も持ってきていないというなんともふがいない結末となってしまい。
文書だけの報告になってしまいました・・・

2005年09月14日

久々の投稿です・・・ by toshi

 まずは台風14号から。

9月6日、7日にかけて勢力が強くて大きい台風14号がきました。
今までの経験から言って、有明海から上陸して福岡に抜けるルートを通るとき、中津江村に大きな被害がでます。

 今回もそのルートを通りながら、接近してきました。
「一番やばいルートだ!」と皆、口をそろえて言いました。
安全な家の人の所に避難する人もたくさんいました。

余りに大きすぎて、九州のいたるところに被害を残した台風
余りに大きすぎて、中津江村の東40キロあたりが甚大な被害がありました。
普通の規模だったら、中津江あたりに被害が集中したのだと思います。

しかし、中津江村はほとんど雨がなく降り始めから70mm程度の雨。
風も長い時間吹き荒れるということはなく、杉木が倒れるということは全くありませんでした。

あんなに大きな台風だったのに不思議なくらい、風雨が少なかったのです。
7月の大雨で、村のいたるところで、土砂崩れの後があります。
それに、今回の台風でまた大雨がふると・・・とすごく心配していたのですが。
よかった。の一言です。

2005年08月31日

MFの写真が掲載されています。 by oza

中津江の超常連の「わし」さんのHP「メンソ~レなまはげ」にMFの写真が掲載されています。そのほか(じゃなくてメイン)のコンテンツもなかなかに面白いですよ。

  メンソ~レなまはげ

2005年08月30日

雲海がでました。 by toshi

なかつえミュージックフェスティバルも終わり・・・
夏休みの子どもの工作を手伝いながら、夏も終わるね~と思っている矢先、雲海がでました。

この頃朝が、涼しくなったからでしょうね。
unkai.gif

ふと、上を見ると、秋の雲が・・・
akisora.gif


2005年08月28日

なかつえミュージックフェスティバルが開催されました。 by toshi

 とうとうこの日がやってきました。
なかつえミュージックフェスティバル!!去年が25回目で節目だからといって終わったはずでしたが、夏男たちが動いてしまいました。

 もう25年も続けてれば、ないと寂しいという人ばかりになっています。
私も小学生の時から開催されているので、あって当然だという感じがしますしね。

 四半世紀というのはやはりすでに文化の域に達していると思いますね。

受付もなぜかばっちり、

uketuke.gif

ラジオ体操も

ragio.gif

そして!そして! 天気も!!
先週の雨続きがうそのようにあがり、晴天!!ちょっぴり秋空のなかビール片手に始まりました!

スタッフで手伝ってくれている中学生もステージで紹介して・・・

tyuugaku.gif


ビール1ケース持ってきて、『来年もよろしく!』と頼まれ、『それなら来年もせんといかんね~』と話すスタッフ、この安直さがイベントを長続きさせるコツなのかもしれない・・・

楽しい人たちの集まりだから・・・

2005年08月27日

でたー!! by toshi

kaeru.gif

 昨夜、前夜祭の帰りに、車をすこーし動かしたところで、路肩に王様発見!
ヘッドライトの光で際立つ見事な貫禄!

イヤ~!!という人はごめんなさい。ドアップで撮ってしまいました。
携帯で撮影したので、画像も小さく(大きいので撮ればよかった・・・残念)それほど貫禄がわかりませんが・・・
すごく貫禄がありました。
がまの油売りそのもの・・・

2005年08月26日

会場設営OK! by toshi

 明日のなかつえMFへ向けて準備は万端!!
会場設営も終わりました!!(終わらなきゃ困るか・・・)
 昼からは晴れ間もちらほら見えて、いい感じになってきました。

当然、設営後は火を起こして、皆でバーベキュー
明日、出演する方も今日から来て、このバーベキューに参加!!

この前夜祭が一番盛り上がる時間一年ぶりに再会する方も多く思い出話というか色々な話に花が咲きます。
ステージセッティングはそのまま、さあ誰が歌うか?
そして夜はふけていく。

ok!.gif
携帯で撮影したらぼけてしまいました・・・

2005年08月22日

FM小国に告知に行きました。 by toshi

 残すところ後、5日!!
日曜日に隣町のFM小国に、ミュージックフェスティバルの告知に行ってきました。

このFM小国、地域の人がたくさん出て楽しい局です。いつもFM小国の放送圏に入ったら76.5にあわせてしまいます。

 今回は、スタジオではなく、ゆうステーションという物産館の2階で公開生放送でした。

 私の子供が横から話しかけてきたり、大きな足音を立てて歩いたりと大変ご迷惑をかけてしまいました。

kokuchi.gif

2005年08月19日

なかつえMF打ち合せ会議開催!! by toshi

なかつえMFの打合せ会を開催しました。

なんとこの打合せ会、数年ぶりの実施となります。
すげーちゃんと打合せしたの何年ぶり?ってなわけで、ちゃっかりテレビ局にも取材に来てもらって・・・
MFmeeting.gif

TOSの夕方のニュースで紹介もしてもらいました。
MFtajitaji.gif

それに
明日 8月20日(土)15:00から
栃原グラウンド集合で会場の草刈をすることになりました。
時間がある方はぜひ手伝ってください。

終わった後は焼肉なんて声がちらほらしておりますが、
15:00から雨の予報です。草刈するかもわかりませんが、とりあえず現地集合となります。
やっぱりMFは雨が降らなきゃ!!
そうでなくっちゃ・・・・

2005年07月25日

村人あげての道路愛護 by toshi

 昨日(24日、日曜日)に村人総出で、道路愛護という名の草刈がありました。
たぶん、市内だったらクリーンアップ大作戦とでもいいましょうか・・・ゴミ袋片手に道路ごみを拾って回るという活動・・・

ただ、中津江の場合は道路のごみを取る前に、草を刈らないと何も見えない状態になります。
だから、朝早くから刈り払い機と鎌なんかをもって、まるで林業の下草刈をするスタイルで集合します。

今年から日田市になり、この道路愛護は各地区が日程を設定して自由にしてくださいということでしたが、みんなの声が大きく一緒の日に一斉にすることになりました。

終わった後の道路はとても広くて気持ちのよいものでした。

douroaigo.JPG

2005年07月23日

熊本クボタのビックサマーフェスタに行ってきました。 by toshi

熊本クボタが開催したビックサマーフェスタに
チェンソーアートクラブ中津江村もデモで参加しました。

グリーンライフコーナーでチェンソートを使ってこんなこともできますよというデモンストレーションです。

チェンソーアートクラブのメンバーが日替わり(ほとんどは永瀬さん)でデモを行いました。
真夏日のテントの中でのデモ。

30分という短い時間でも、デモが終わったら話すことができず、すぐに水・水という状況でした。

立ってみてるだけでも暑くて、体がだるくなってしまいました。

熊本クボタさんのホームページです。http://www.kumamoto.kubota.co.jp/p_event_1.html


DSCN0097.gif


2005年07月19日

麦餅つきまつり by toshi

麦餅つきまつりを写真で紹介します。 motituki.gif餅つきをし、神殿に奉納する麦餅をつきます。 mizugori.gif近くの水槽でみずごりをします。水が冷たい・・・ motitukiuta.gif民家の前で、餅つき唄を歌います。 keidai.gif移動して、境内の中でもつきます。 abare.gif杵を組んで、上に人が乗り、回りながら杵を折っていきます。 saigoni.gif最後は、杵を折って氏子や参拝者に配ります。杵は魔よけとして家に持って帰り神棚や入り口に奉っておきます。

2005年07月10日

中津江は大雨が降りました。 by toshi

 昨日から今日にかけて、中津江では大雨が降っています。
色々なところで土砂災害があっています。主要道路の国道442号線も午前中まで通行止めでした。
 今後も雨が続く見込みです。6月中は乾季のようで、7月は雨季極端な天気が続きますね。皆さんの所はどうですか?

2005年07月03日

わさびまんじゅうの取材がありました。 by toshi

mannju.gif

先日、TOS(テレビ大分)があじさい会の"わさびまんじゅう"を取材に来ました。
先日もわさびが旬だと伝えていましたが、わさびはハウスでできるわさびが2月~4月まで
林間といって杉林の中でできるわさびが5月から6月いっぱいまで収穫できます。

林間わさびは主に加工用として栽培され、出荷されます。

大分中津江ならではのお菓子ということで紹介されました。
まだまだ知っている人は少ないのですが、これは銘菓になります。

日田郡ラグビー部解散 by toshi

先日、日田郡ラグビー部の解散(飲み会)式がありました。
日田市で1地区になったので、ラグビー部として統一することになりました。日田郡ラグビー部は社会人になって始めた人が多く、練習といっても自主練習?がほとんどで、大分県民体育大会に参加する数ヶ月前から徐々に人が集まって練習を始めるという感じでした。チームは30代後半から50代(後半?)が現役として出場していました。

日田市全体での活動が始まる前にとりあえず郡としての活動がなくなるということで、最後に集まったのです。

ragubi.gif


2005年06月28日

キャンドル・ナイト by Ruth

夜8:00から蜂の巣公園でろうそくを持って家族が集まりました。まず、子供達が学校で勉強している「The earth is My home(地球はわが家)」という英語の歌を歌いました。
candlenight1small.JPG
そして、花火を楽しみました。暗い中でゲームをたくさんしました。
candlenight4small.JPG
最後にろうそくの回りに立ってニュージーランドやアメリカのパーティの解散の歌を歌いました。


電気を使わないで解散までの2時間があっという間に過ぎて省エネの活動がとても楽しくできました。

国際交流員
クラーク・ルース

2005年06月20日

エコクッキング by Ruth

6月19日に9:30からボランティアがゴミひろいをしました。


10:00からエコクラブ・メンバーが15人集まって、ニュージーランドのクッキーやお菓子を作りました。


June club 1 small.jpg
楽しい活動だったけれども、その中で学ぶことは自分で作ったら無添加物の物が作れることとゴミを減らすことでした。


June club 3 small.jpg
店で買ったおやつを配ってたべてからそのゴミでポスターを作りました。クラブで作った物のゴミは?もちろんゼロでした。皆持参した容器にクッキーやお菓子を入れて持ち帰りました。

マイ・バッグ・キャンペーン by Ruth

日本ではコンビニでジュース一本買ってもスーパーでたくさん買っても物がビニール袋に入れられます。その袋がすぐにゴミになるだけだから、自分の買い物バッグを持っていったほうが環境にやさしいです。そのためにエコクラブのメンバーが「マイ・バッグ・キャンペーン」を行いました。家族や友達から注文を取って綿100%無漂白エコ・スーパーバッグを150枚売れました。

my bag 2 kidssmall.jpg

子どもたちが各バッグの売上に「アース・ドル」を一枚もらいました。上の写真はバッグの注文がたくさん取れたかんなさんとまさき君です。下はマイ・バッグ・キャンペーンに参加した子どもです。

my bag 4 kids.jpg

2005年06月18日

避難訓練 by toshi

 合併前は、梅雨入り前の6月第1土曜日か日曜日どちらかに、村人総出で避難訓練が行われていました。
 朝6時から、防災のサイレンがなり、訓練放送が流れます。
大雨が降って、危険な状態が続いているから、各地区に設けられた避難所に移動するよう促します。

役場職員と消防団の本部分団は庁舎へ集合、その他各地区の消防団は、消防分団の詰所に集合です。

そうすると、役場から無線で指示がでます。
○○地区の○○さん宅横の小川が増水、至急現地確認をお願いします。
そして消防団が、現地出動。現地状況をつたえ、防災本部の指示を仰ぎます。

村の人全員が対象です。といっても1,300人大きい学校なら1校にも満たない数字です。

合併後から、この避難訓練はなくなりました。

避難訓練があってた時は、せっかくの休みなのにこんなに朝早くからと思ってましたが、なくなるとそれはそれで寂しいもの・・・
避難場所は変更になってなかったっけ?
災害時の連絡先って合併後どこになったんだっけ???あれ?わからない・・・


2005年06月10日

ちょっとのこと by Ruth

3万円がもらえると思ったら手をあげますよね!


どうやってもらえるのですか。いろんな場面が考えられます。


人待ち・客待ちをする時;荷物の積み降ろしする時;コンビ二などで用事をすませる時;
サービスエリアなどで休憩する時;公衆電話や携帯電話をかける時;保育園・学校などの送り迎えの時;信号待ち;渋滞;などなど


こんな場面にて30秒~一分だけでお金がもらえます。というのはアイドリング・ストップをしたら、燃料代の節約になるからです。


一台の乗用車で毎日一時間のアイドリング・ストップをすると、年間約310リットルのガソリンと約3万円の燃料代を節約できる計算になります。


日常生活の中に一番環境に影響を与えることは車です。地球温暖化を防ぐために簡単にできる活動はアイドリング・ストップです。かけがえのない地球を守るのは私たちの意識と行動です。


この情報は熊本県環境センターの「アイドリング・スットップって何?」というチラシからとりました。チラシとステッカのお申し込みは熊本県環境センターまでです。
TEL0966-62-2000  FAX0966-62-1212


日田市中津江振興局
国際交流員
クラーク・ルース


2005年06月05日

カメルーンキャンプ地記念式典が開催されました。 by editor

今日は、鯛生スポーツセンターでカメルーンキャンプ地記念式典が開催されました。

カメルーン共和国大使館のンベラ大使夫婦を招いての、記念式典が開催されました。
カメルーン国家の斉唱もありました。その時の写真です。

ステージの後ろにある大きな国旗は日本代表対カメルーン代表が大分ビックアイで応援に使った国旗です。ちょうど風もあったので、船の帆みたいで、すごくよかったです。
式典の時の祝電披露の後には、先日訪れたエムボマ選手からのメッセージビデオが流されました。
kokka.gif


6月に咲くといえばアジサイですよね。
kinen.gif

式典後には、記念植樹・・・アジサイの花を植えました。
中津江村はカメルーンキャンプ後に、カメルーンキャンプとワールドカップの時期にきれいに咲く花を植え始めました。

そして忘れてならないのが、中津江村の婦人パワー!!
makanai.gif
先日の中津江村の閉村式といい、今回の式典の昼食会の準備といいすばらしくおいしい料理ができていました。
手作りで素朴な味ばかり!何回もお代わりに行きました。
ゼリーやサンドイッチ、漬物におにぎり、いなり寿司、から揚げに豚汁、ソーセージそれに煮しめ!!
様々な料理がバイキング方式で提供されます。

テーブルの前は人だかりができていました。
オードブルを取ったりするのもいいけど、おばちゃんと「これは何?」「これはゼリーばい!」
「私がつくったったちゃき おいしいばい!」「1つかい?2つかい?」
とか、おにぎりを取ろうとしたら
「おにぎりはいつでん食べられるやろ!」「こっちにはいなり寿司があるばい」「こっちの方が滅多に食べられんっちゃき、こっちにしない」「他にもほら」と色々な食べ物を進めてくれる。

この会話が、食べ物を数十倍もおいしくさせる。

式典は、晴天に恵まれ、この頃の暑い日とは違って涼しい、すごしやすい1日となりました。

2005年06月02日

レ・リオン出雲市遠征結果発表!! by editor

先週末27日~29日にかけて、レ・リオン中津江のメンバーが出雲市に遠征に出かけました。

出雲市ではアイルランドキャンプからキャンプ地市民サッカー交流試合を開催しており、今年で4回目となります。アイルランドと戦ったカメルーンということで中津江村のチームに声がかかったのは去年から、今年2回目の出場となります。

去年は、見事優勝!!優勝トロフィーを持って帰ってきました。
そして今年はというと、なんと2年連続優勝!!またまたトロフィーをもって帰ってきたのでした。

去年は結成したてのチームで公式戦もあまりしていないからと、相手を油断させての優勝でしたがこの1年でチームも大きく成長(人数やメンバーはほとんど変わらないのですが)、日田地区のサッカーリーグに参戦し、日々練習を行っていた結果が実を結んだ?のか、見事優勝して帰ってきました。

結果は
レ・リオン中津江 3 VS 1 出雲シニアパーパス
レ・リオン中津江 2 VS 1 関東ケルツ

合谷監督の談話
かろうじて勝ったという印象です。関東ケルツについては押され気味の試合で、勝ったのが信じられないくらい。こちらからの参加者もかろうじてメンバーが揃った程度での遠征でしたので、今回は優勝は難しいと思っていました。
関東ケルツは全員が外国の方ばかりですので、昨年はなかなか交流とまでは行きませんでしたが、今年はたくさん交流することができました。
出雲シニアパーパスの皆さんは、今週末には中津江で交流試合をすることになっています。
楽しいゲームを期待しています。  以上

天気がいいといいですね。

2005年05月28日

レ・リオン中津江 出雲へ出発! by editor

今日、レ・リオン中津江のメンバーが、出雲市へサッカー交流に出発します。
出雲市で開催されるワールドカップ記念事業の一環で、ワールドカップ予選でカメルーンと戦ったアイルランドのキャンプ地の出雲市との交流試合です。
izumo.gif

昨年もこのイベントに参加して、優勝して大きい優勝トロフィーを持って帰ってきました。今年は覇者として、出雲に写真の大きいトロフィーを持って行きます。

中津江村地球財団の坂本 休理事長から、合谷監督と松野キャプテンにトロフィーを譲り受けているところです。
「また持って帰ってきます。」と松野キャプテン頼もしい言葉です。エムボマ選手のサインを胸に、いざ!
出雲へ。

2005年05月26日

タイラーが帰ってきた! by editor

taira.gif
昨日、突然タイラーが中津江に帰ってきました。

タイラーは5年前、今のルースの前の前の国際交流員でした。ちょうどカメルーンキャンプで通訳で大活躍してから、中津江の国際交流員の任期が終了し、好きなことをする為に旅立ちました。
 タイラーは中津江にいる時に、日本と韓国の国境(ボーダー)をなくそうという(もっと複雑なのですが・・・)活動をしていて、中津江でも日韓の現代アートの創作&展覧会のイベントなど数々のイベントをしていました。今も、アートイベントや水資源のイベントなど様々なイベントのコーディネートをしているはずです。

今年、3月に韓国の女性と結婚し、本国カナダに帰っているのか、韓国にいるのだろうと思っていたらなんと、東京にいたらしい。奥さんが日本を好きになって、もう少し日本にいてもいいねっていう話になったそうです。

タイラーが中津江に帰ってくるのは本当に突然です。昼頃に突然、携帯に電話がかかって、「今、中津江今日は中津江にいるつもり、明日は帰る予定」「日本にいたの?」「うん、少し前から・・・」「いつまで日本にいるの?」「もう少しいることにした」
というアバウトな回答しか帰ってこないのはいつものこと、今回すごいのはその日に泊まるホテルを事前に確保していたこと!
結婚すると違うねタイラー!

中津江に来るとみんながタイラーのことを知っていて、みんなが声をかけてくれて、ハグをする。夕食を食べた隣の小国町のお好み焼き屋の人も、声をかけてくれてなつかしがられていた。
店に入ってきた人も知り合いで、タイラーに声をかける。

都会は、お店の人が忙しくて終わったら早く出て行ってほしいっていう感じで接客をされるらしく、お店に入って食べていてもぜんぜん落ち着けないらしい。そんな雰囲気で食べても、食べ物の味なんてわからない・・・ここのはおいしい~!だって。

あ~田舎のよさってこんなことなのかな。

2005年05月25日

エムボマ選手再来! by editor

5月22日 エムボマ選手がヴィッセル神戸を退団後、中津江にやってきて、小学生を対象にサッカー教室を開催しました。
 午後3時過ぎにスポーツセンターに到着、歓迎セレモニーです。
踊り隊「風」も急きょ駆けつけ、踊る予定になっていなかったのですが、はっぴを着て、花笠まで持ってくるということで、じゃあ踊ってもらいましょうということになりました。今回は、エムボマ選手とエムボマのお母さん二人だけの再来でしたが、村人と子供たちそして、ファンの方と多くの方々が歓迎セレモニーに集まってくれました。
emboma.gif

 エムボマ選手が着替えた後は、芝の第1グラウンドに降りてサッカー教室の開催。
最初、リフティングを見せてくれました。
肩や頭、足の甲やかかと足の外側などを巧みに使ってリフティングするエムボマ選手に子供たちから「お~」というため息混じりの言葉と「オットセイみたい」という言葉がちらほら・・・
その後は、11人対20人に分かれて子供たち全員が参加できるミニマッチに、サイン会そして記念撮影とエムボマ選手満喫の時間を過ごしました。
 子供たちはとってもうれしそう。撮影の後も周りを取り囲み、エムボマ選手から離れようとはしませんでした。エムボマ選手もいやな顔ひとつせず、冗談を言ったり、笑わせたりしてくれ、会場は終始和やかな雰囲気で過ぎていきました。
 エムボマ選手が、「中津江の人たちのキャンプの時の思い出があるから、そして子供のために、村の人に会いたいからまた来たといってくれました。」「すごくいい環境があるから」とも言ってくれました。
 うれしい一言です。
rerion.gif
そして、中津江村のサッカーチーム レ・リオンのメンバーと肩を組んで記念撮影!
レ・リオンのメンバーに登録してくれると言ってくれて、11番のユニフォームを着てくれました。みんなうれしくて大騒ぎ!背番号11は永久欠番にするらしいです。

写真を撮り終わって、「11番って誰が着てたっけ?」だって・・・

2005年05月17日

今年もチェンソーアート全国大会が開催されます。 by editor

今年も、愛知県の東栄町でチェンソーアート全国大会が開催されます。
詳細は⇒http://www4.zero.ad.jp/chainsawart/no5info.html

で、今年は、チェンソーアートクラブ中津江村の大御所登場!
会長の永瀬さんと副会長の赤星さんがエントリー
上級部門で腕を振るいます。

永瀬さん2月にはアメリカ大会に出場して、今年2大会目に出場となります。

一緒にアメリカ大会にでた方も続々と登場!
レベルの高い大会になると思います。

九州中津江村も負けてはいられません。
ぜひ中津江村でも秋季全国大会を開催したい!!

2005年05月16日

マウンテンバイクレース開催されました。 by oza

050515.jpg

開催されたのはオフロードバイシクル九州主催のダウンヒルレース。山の中の急坂を想像も付かないスピードで自転車が駆け下りていきます。昨年は豪雨の中で田んぼレースだったのが、今年は絶好の天候に恵まれました。

中津江村では、村内の林業会社である田島山業さんの山に作られた林間コースで、10年以上前からマウンテンバイク(MTB)のレースが開催されています。山を駆け下りる「ダウンヒル」。周回コースを回る「クロスカントリー」。規定時間内での周回数を競う「耐久レース」などです。(受付は鯛生スポーツセンターです)

どれも(中津江らしい)こじんまりとしたレースばかりですが、これからも続くようにコツコツ整備をしていくつもりです。

2005年04月22日

食文化交流 by Ruth

anzac.JPG


時々ニュージーランドのおやつを作って職場を回ります。「食文化交流の日でございます」と言いながら皆におやつを上げます。初めての時「そんな日決まっているの?」と尋ねた人もいました。
2月3日の金曜日はANZACビスケットを作りました。これは歴史あるクッキーです。第一次世界大戦の時オーストラリアの兵家は栄養が足りないと思われて、栄養はたっぷりあって、長持ちするANZACビスケットが考えられました。戦争中に婦人会がいっぱい作って船で二ヶ月もかかって外国にいる兵隊に届けられました。材料は小麦粉、砂糖、オートミール、ココナツ、ゴルデン・シロップ、タンサンとお湯の保存しやすくて、卵は入っていないためにも保存がよく出来ました。

作ってみませんか。
小麦粉  125g、砂糖 150g、ココナツ カップ 1、オートミール カップ 1
上のものを全部ボールに入れてまぜる。
バター 100g と ゴルディン・シロップ 大さじ 1をいっしょに溶かす。
(ゴルディン・シロップがわりにメイプル・シロップかはちみつでもいいでしょう。)
お湯 大さじ 2に  炭酸 こさじの半分を溶かして、バターなどに加える。
それをボールの小麦粉などに加えてまぜる。

スプーンでひとすくいずつバターを引いたトレーに置く。

180度で15-20分焼く。
砂糖を控えてもいいかもしれません。


国際交流員
ルース

2005年04月16日

わさびの季節になりました。 by editor

 2月から3月はビニールハウスで生産するわさびが収穫できます。
そして3月から4月には、杉林の木陰の下で、林間わさびが収穫の最盛期を迎えます。

hanawasabi.gif

花そして葉っぱ、茎、根っこすべて収穫そして出荷されます。

最初に花が咲き始めます。わさびの花芽しか食べないという通の方もいます。
時期が限られていて、すごく上品な辛さだと言います。料亭なんかに行くと和え物で小鉢に出てきたりするらしいです。(一度行って見たいのですが・・・)
中津江では、醤油漬け、粕漬けが主流です。

そして根ごと抜いて葉、茎、根に分類して出荷します。

わさびは2年から3年かけて成長します。根を収穫するのは2年目もしくは3年目です。
根わさびのすり方にもコツがあります。わさびウンチクは長くなるので、また今度・・・

2005年04月15日

とってもおいし~ しいたけ発見! by editor

 道端でおいしそうなしいたけを発見しました。

中津江にも椎茸を作っている家がたくさんいます。椎茸は春と秋の心地よい季節にできます。
3月下旬から4月中が春のシーズンになります。
siitake.gif

シーズンになるとエビラをおいている風景は、村のいたるところで見ることができます。主に干し椎茸となるのですが、まず昼間に収穫し下の写真ようにエビラに置いておきます。
そして、自分たちがその日に並べ終わる枚数まで収穫し、その後はエビラに丁寧に1枚づつ並べて行きます。大きさをあわせたり、形の悪いのを分けたり・・・
その後、ボイラーを使って一晩かけて乾燥します。
(昔は薪を炊いて乾燥していたので、お父さんが夜中まで起きて火の番をしていました。)

ebirabosi.gif
選別した後の形の悪い椎茸を、焼いたり、味噌汁、酢和えに入れたりします。採れたてだから中から汁がたくさん出て、すごく椎茸の味がしておいしいです。
私の知っている限り、中津江で一度でも椎茸を食べた人はかならずまた食べたいと言って来ます。

つい先日は、つゆ草で生椎茸を売っていて、焼いて食べさせてくれたという人がいました。
その人はおいしかったから椎茸を送ってほしいって電話がありました。

あ~おなかがすいてきた・・・椎茸ご飯が食べたい。

2005年04月11日

宮園鎮座津江神社 by editor

 中津江村の宮園には、津江神社があります。村の人は宮園神社と呼んでるんですけど、氏子の一人に聞くと「いんにゃちがう 宮園鎮座(みやぞのちんざ)津江神社て」という・・・

この宮園鎮座津江神社・・・どうも発音しにくい、すぐにでも縮めたくなる名称なのです。 ですから宮園神社。神様ごめんなさい

そこでは4月15日には的ほがしまつりが7月15日には麦もちつき祭りが開催されます。

日田市では月に数回記者発表があるらしく、この的ほがし祭りも行事に入っていたのだとか・・・
日田に長い期間勤務している記者も初めて聞いたと問い合わせがあった、的ほがしまつりのことなんか聞かれることがなかったので、ばたばたと資料棚を探し、知った風に答える。

答えた後に氏子に確認すると、帰ってきたのが最初の言葉・・・


2005年04月09日

桜・桜~ by editor

中津江村は桜が満開です。
 4月3日に開催された蜂の巣湖桜まつりの時は、本当にちらほらとしか咲いてなかった桜が今週は満開になりました。
下筌(蜂の巣湖)公園の桜


3分咲きからが早くどーと一斉に咲き始めました。

蜂の巣湖の桜と、鯛生金山の桜は例年であれば、3日~5日くらいずれて咲くのです。多分標高の関係だと思います。(金山の方が標高が高く確かに寒い・・・)
だから、蜂の巣湖が満開だから、金山が咲き始めました!と掲載するつもりで、鯛生金山にも足を伸ばし桜を見ると・・・咲いている!ほとんど満開状態・・・
鯛生金山入り口の桜
今年は、村の中の桜は一斉に咲き始めたようです。

2005年04月06日

近況報告 by editor

 中津江村が日田市に合併して3週間目に突入しました。
3月末が税金や水道料等色々な料金の納入期限になっており、合併した直後から次々と住民が窓口に訪れました。

 誰が担当なのかもわからず、戸惑うことも多々ありました。

 今までは会計課窓口にJA大分ひたの職員も配置されており、行政への支払いそして金融機関への支払いが同時に会計窓口でできていたのでした。

 ついつい、両替に来たり、振込みを依頼しに来たりする住民もいました。

職員が約半数になった事務所は静かなものです。課内打合せをしていたら、電話もならずシーンとしてて事務所全員から聞かれているようで、思わず小さな声になってしまいます。

中津江の桜がだんだんと見ごろを迎えてきました。
そして、わさびも!!次回は明るい話題で・・・

2005年03月28日

宿ヶ峰尾不動尊の春の祭り by oza

050328_01.jpg050328_02.jpg050328_03.jpg
中津江の南西のはしに、県道日田鹿本線が熊本へ入る峠があります(そこから北に登ると三国山、その名のとおり、もう一つ福岡との県境になっています)。

その峠に鳥居がたっています。くぐって急な坂を登っていくと宿ヶ峰尾不動尊があります。今日はその春の祭りでした。大分、熊本のそれぞれの近くの集落(といっても数キロはなれている)から参拝者が集まり、料理やお神酒が振舞われていました。

霧の中、たくさんの赤いのぼりが風にはためいて、とても幻想的な風景でした。

2005年03月27日

みどりが引っ越しました。 by editor

森川みどりが本日、中津江村から旅立ちました。

あいにくの雨の中(雨男が引越しを手伝ったからだろうか?)みどりの引越しが始まった。
トラックを借りて、次々に荷物を投げ込んで

私が貸していたラジカセも無事に帰ってきて、
「ねえCDは?」
「あっ、トラックの一番奥のカラーボックス・・・それも裏向き」
な~んてこともあって・・・1時間程度であっという間に積み込み終了。

お見送りの人もきて10時過ぎに中津江村を出発・・・
業者になんか頼んでません、みんなでお手伝いです。

出発前に、車になかなか乗らないから名残惜しいのかと思い、
「もう一度家の中を見てきたら?」って声をかけたら
「忘れ物ほかになかったっけ?」だって・・・
私の引越の時なんか、空っぽな部屋を見て、こんなに広かったかね~と、部屋の中をボーっと眺めたりしたもんですが。

実にあっさりした部屋とのお別れを済ませ、昼過ぎに実家に到着。

今度は次々に荷物を家の中へ・・・

お母さんが、こんなに荷物を持って帰って!とびっくり仰天してました。ダンボール3つくらいと思ってたんだって。お母さんもお母さんだし、ごみまで持って帰ってるみどりもみどりでした。

帰りのトラックでは、寂しさをまぎらして、酔っ払いになってぐうすか寝てるオヤジと、隣で眠たいのを必死にこらえてすごい顔になっている若者3人で帰ってきました。カメルーンが来る年に、カメルーンが来ることも知らずに4月に中津江村に来て・・・
5月にはいきなりホームページを立ち上げ、あっという間に日記が始まってからほぼ3年。

他人からの何気ない一言で、日記がまったくかけなくなった時もありました。意地をはって書きたいのにわざと書かない日もありました。疲れきってかけない日、1日にいくつも書きたいのを我慢した日、みどりの笑顔と涙と波乱の日々が日記につづられました。
本当に色々なことが、みどりの周りでも私の周りでも巡っていきました。

「国敗れて山河あり」「塞翁が馬」・・・森川緑課に来た人が様々な言葉を残していってくれました。
木造の本当にちっちゃな事務所だったけど、誰もが立ち寄る本当に楽しい3年間を過ごさせてもらいました。

そして、その空間で一緒に仕事することができた最愛の部下、みどりへ・・・本当にありがとうございました。 

2005年03月22日

高野ハナ子さんちにお邪魔してきました。 by midori

ハナ子さんと初めて会ったのは、私が中津江に来てすぐの4月で、集落のお祭りに行ったときでした。
お祭りのあと、よう来たねと行って家にもお邪魔させてもらいました。
それから、集落の集まりがあるときなどには連絡をくださって、ご飯を食べさせてもらったりたくさんお世話になりました。お祭りに行けないときは、ご馳走を事務所にもってきてくださったりしました。
私が今月、福岡に引越しをするので、その前に会いに行ったのです。


中津江に永久就職できたらよかったのに
毎年9月1日には、お祭りをしているから、来れるときはおいで。


そんな村の人に支えられてきたから、中津江で3年間過ごすことができたのだなと
そう思います。

2005年03月21日

感謝状贈呈・・・ by editor

05032111.jpg
05032112.jpg
05032110.jpg

中津江村の閉庁式に合わせて森川みどりの離任式?が開催されました・・・
日暮描蔵からの涙ながらの感謝状贈呈と記念撮影・・・

"蛍の光"が流れる中での記念撮影、とても周りの雰囲気と似つかない顔になっていますが、本人たちはまったくもって本気?でした。
素直になれない人ばかりでのホームページ運営ですが、今後もよろしくお願いします。

森川みどりへ
 あなたの日記は落ち込んでいる時の方が多かった気がしますけどその分明るい時の記事はとっても朗らかで、楽しいものでしたね。
 
 ホームページ設立当初は、初代森川みどりとして、大活躍してくれましたね。
町村合併になり、初代&最後の森川みどりとして、みんなの心に殿堂入りしてしまいましたね。

 福岡に帰っても、たまには中津江村に帰ってきて、色々な人と話して書き込みをしてくださいね。

中津江村最後のセレモニー by editor

05032107.jpg05032105.jpg05032108.jpg

議会終了後、議員そして村長、職員が玄関に集まりセレモニーを開催しました。

村にゆかりのある、大分県広瀬知事さんと北村さん(カメルーンの時のボランティアの方)からの手紙が届いており、それを代読していただきました。
その後、村長からの言葉、中津江村役場の"役場"の看板の取り外し、村旗の降納が行われました。

涙が次から次にあふれる式典となりました。

中津江村議会の解散式が開催されました。 by midori

05032106.jpg
3月22日の日田市との合併に伴い、中津江村の村議会も解散します。
その解散式が午後3時から開催されました。


赤星議長から始まり、議員さん1人、1人中津江村への思いなど一言ずつ挨拶がありました。

感慨は? 山ほどありますね by oza

05032203.JPG
「中津江村役場」という文字をじっと見上げているのは、中津江に生まれ育った役場職員のKさん。カメルーンキャンプでは中心スタッフとして活躍しました。


「感慨は?」
「山ほどありますね・・・」

05032202.JPG

そのあとの言葉はありませんでした。

看板も一気に書き上げられて、いよいよ大詰め by oza

050322.JPG

午後3時30分から、最後の議会が開かれます。連休中に役場の中もレイアウトがかわり、すっきりした感じ(=職員数が減る)。残務整理や後片付け、引継ぎのための仕事はまだまだ継続中。そんな中、森本総務課長が公民館の新しい看板を一気に書き上げておられました。

2005年03月18日

閉庁式はじまる。 by oza

20050318_091.jpg
役場職員のほぼ全員が大会議室に集まって、閉庁式がはじまりました。21日までが任期となる坂本村長が最後の挨拶です。詳しくは書きませんが、いろいろな想いの詰まったお話でした。

20050318_0912.jpg

閉庁式、の前に旅立つ編集長とみどり by oza

20050318_07.jpg

今日の「みどりの日記」駆け足の書き込みをよんで、「寂しさをかみしめているんだろうなあ」と思っていたあなた、甘いです。

「感傷にひたっている暇もなく」というとおり、片付けのほぼ済んだ森川緑の事務所で出発間際までドタバタドタドタしています。なにかゴソゴソ片付けてるかと思ったら、韓国での旅費となる餞別を数えていらっしゃいました。おーーーー。

oza : 「パスポート、チケット大丈夫?」
midori : 「編集長がもっているから大丈夫」

 しばらくして、ためしに
oza : 「パスポート、チケット大丈夫?」
midori : 「パスポート、チケット、どこおおお。私、韓国にいけるのかしらああ」
oza : 「・・・・」

20050318_08.jpg

でなんとか出発。いってらっしゃーい。

最後まであわただしかったけど、しんみりする暇もなくかえってよかったのかも。

閉庁式ぎりぎりまで業務と片付け by oza

20050318_06.jpg
とりあえず放り込んでいるって感じですねGさん。グリーンストライプのマスクはインフルエンザではなく、花粉症でもなく、ホコリよけとのこと。すこし怪しい。

閉庁式、看板も架け替え by oza

20050318_04.jpg

「中津江村役場」から名称変更されますので、看板(?)も取り替えられます。取り外しは今日ではなくて合併前日の21日夕方。村長さんが取り外すそうです。で、その準備中でありました。

閉庁式と卒業式と会議テーブルと駐車場 by oza

20050318_03.jpg
合併に向けての人事異動が発表され、中津江村役場の職員は約2/3ぐらいになるようです。日田市内の事務所へ移動する職員の机はいち早く(2週間ほど)、それぞれの職場に送られているらしい。残された職員は会議テーブルで最後の業務を続けています。

写真の主は描蔵でおなじみ(???)のE氏。めずらしくスーツを着ているので、「日田に行ったときの練習?」と聞くと、「中津江小の卒業式」。E氏は育友会(PTAみたいなもの)の会長さんなんですね。文もうまいが、挨拶もうまいのである。(このぐらい持ち上げてないと今晩中に原稿上がってこないだろうからな)。

卒業式出席前の時間に、担当にせかされながら、「駐車場使用願(だったっけ)」を記入中。街では、駐車もたいへんなのね。

閉庁式? へーそうなんですか。 by oza

20050318_02.jpg
改装される大規模幼保施設(幼稚園、保育園)の家具の納期は3月いっぱい。夜遅くまで、家具工房木正舎の電気は消えません。「ゆっくりお酒を飲みに行きたい」とこぼすS君に、「今日で役場は閉庁なんだけど?」と声をかけると、「へーそうなんですか」との答え。彼は三和酒類さんの日田工場から急に頼まれた飾りテーブル(?)を製作中。

それどころじゃないもんな。 とにかく怪我しないように気をつけて!

閉庁式の朝 by oza

20050318_01.jpg
昨日はすごい雨風でした。そして今朝は曇り、遠くの山が霞んでいます。今日は中津江村役場の閉庁式、みどりの最後の勤務の日(その足で韓国に飛ぶのが、なんともすごい。レポートお願い)。

韓国にいけないおっさん2号(1号は行くんですよ)が、だらだらと今日の一日をリポートします(たぶん)。

2005年03月11日

TOSの大津さんがわさびの取材にいらっしゃいました。 by midori

tos2.jpg
今日の午前中、TOSの大津さんがわさびの取材で中津江にいらっしゃいました。


今はハウスわさびが旬で、来月あたりには、林間わさびが出だします。
わさびは育つ場所によって、ハウスわさび、林間わさび、沢わさびと3種類のわさびがあります。


写真は、中川内の江田さんちのハウスで、わさびの花とりをしているところです。


わさびの花を収穫したあと、公民館に行ってわさびの醤油漬け、粕漬けを作ってもらいました。


今日の取材の内容は、今夜6時からのTOSニュースで紹介されます。

2005年03月08日

お昼のお弁当 by midori

20050308.jpg
今日は朝市の日で、朝ちょっと行ったときにツルコさんにお弁当をいただきました。


ツルコさんの畑の、竹の子、椎茸、里芋の煮しめと高菜漬けと、おからと混ぜご飯でした。
おからは中津江の豆腐屋さんのおからで、その中に入っている具はツルコさんところの畑のです。


お腹いっぱいになりました。

2005年03月04日

中津江村生活研究グループ総会 by midori

soukai.jpg
朝市の初売りの後に、バスセンターの上の栃原公民館で生活研究グループの平成16年度の総会をしました。


本当なら総会は4月に行うのですが、3月22日の合併で役場の担当がいなくなるので、3月に行ったのです。

桜餅 by midori

hatuuri2.jpg
初売りのときに販売された桜餅です。
とってもきれいな色でした。

朝市初売りが開催されました。 by midori

hatuuri.jpg
3月1日(火)、生活研究グループの朝市初売りが開催されました。初売りというと1月の行事ですが、中津江の朝市は1月、2月積雪のためにお休みしていたのです。なので3月1日に初売りをしました。

 
 「あっという間に2ヶ月たったねぇ」
 「今年もよろしく」
 と常連のお客さんが次々にバスセンターに集まってきます。


 バスセンターは栃原という集落の中にあるので、買い物に来てくれるのも栃原集落の人が多いです。初売りの日も買い物に来たついでに栃原集落の人が集まって、集落の行事の打合せなどしていたので、みんなで「栃原の集会が始まったばい」と大笑いしました。


 写真は、初売りの日に出荷された野菜の写真です。
 ふきのとうや里芋、ゆで竹の子,生しいたけなどが並びました。


 

2005年02月21日

Japan NAGASE by midori

bag.jpg
正直さんがゴゾゴソと中身を確認しているカバンには
「Japan nagase」としっかり名前が書いてありました。


意気込みは十分です。
あとは本場のチェーンソーアートを肌で感じてくるだけですね。


チェーンソーアート中津江村の名前を背負ってがんばってきてください!

いよいよリッジウェイへ出発です! by midori

syuppatu.jpg
22日の飛行機の時間が朝早いので正直さんと三宅さん2人は今日から福岡に前泊します。
雪が降る中、森川緑課へも出発前に寄ってくれました。


パスポートはもったかな
靴は入れたかな


最終チェックをして、いよいよリッジウェイへの旅の始まりです。


(森川緑課事務所前にて)

2005年02月18日

中津江村役場は「中津江村振興局」に変わります。 by midori

yakuba.jpg
平成17年3月22日の日田市への編入合併に伴い、中津江村役場は中津江振興局になります。


現在、総務課・住民課・建設課・産業課・税務課・森川緑課の6つの課がありますが、合併後は、総務振興課・市民福祉課・産業課・建設課の4つになります。


合併までに、役場の人の異動が決まったり、役場内のレイアウトが変わったり、いろんなことが変わっていきます。村の人も福祉サービスのことや自治体の運営、これまでの役場との関わりなど、どんな風に変わっていくのかみんなそれぞれいろいろな不安をもっています。

(写真:中津江村役場)

「思いでのカメルーン」歌詞カード by midori

kashi6.jpg
メロディーはお伝えできませんが、歌詞だけでも読んでカメルーンが来た頃の中津江を思い描いてみてください。

「思いでのカメルーン」 by midori

kimikosan3.jpg
坂本村長が、カメルーンを訪問する際に持っていったお土産の中に、「思いでのカメルーン」というCDがありましたが、写真はその歌を作詞した鷹野喜美子さんです。


「思いでのカメルーン」は鷹野さんが、カメルーンが中津江に来ことを何とか残したいという思いで初めての詩に挑戦し作ったもので、カメルーンが中津江に来たときの気持ちや状況に加えて、中津江の自然が盛り込まれた詩です。


この詩が村報に紹介され、それを見た人からせっかくだから歌にしたら、という声があがり、鷹野さんのご親戚の音楽家北村尚志さんが作曲をし、歌として誕生したのでした。

2005年02月16日

チェンソーアートクラブ中津江村 by midori


チェンソーアートクラブ中津江村は、2002年10月、日本チェンソーアート界の第1人者、城所啓二さんに感銘を受け、同年11月に発足されました。


中津江村の約90%は山林という恵まれた自然環境の中で、材料となる杉はふんだんに準備することができ、ログハウス、木工芸が盛んな中津江村において、チェンソーアートは地域に浸透する要素を充分に含んだものでした。
rogo2.jpg
現在会員6名と少数ながら、愛知県東栄町で開催される日本チェンソーアート競技大会で入賞するなど、栄光を獲得しました。主な活動場所は鯛生金山の農村広場にチェンソーアート小屋があり、そこで定期的に練習会を開催しています。

2005年02月15日

バレンタインデーの始まり by midori

valentine.jpg
国際交流員のルースさんがバレンタインデーの始まりの一説を話してくれたので紹介します。


ローマにSt.Valentineというキリスト教の牧師さんがいました。
その頃のローマでは、独身男性の方が既婚男性よりも軍隊に向いているとして、ローマ皇帝の命令で、独身男性は結婚してはいけないことになりました。
その時に、St.Valentine牧師はこっそりと結婚式を挙げ、そのことが発覚し刑務所に入れられてしまいました。刑務所には、ある女性がいつもSt.Valentineを尋ねてきていて、St.Valentineはその女性への手紙の最後に「from your Valentine」と書いていました。その言葉が今では、「貴方のことを愛している人から」という意味に転じ、今に至るのだと言われています。


ルースさんの出身のニュージーランドでは、2月14日は男性が女性に告白する日で、赤いバラをプレゼントするそうですが、3月14日に女性がお返しをしたりする習慣はないそうですよ。


写真は、ルースさんと教育委員会の坂井さんです。
ルースさん手作りのココア味のお菓子をもらってとっても嬉しそうでした。

2005年02月14日

バレンタインデー by midori

choco2.jpg
役場の女性が集まって『しらゆり会』という会をつくって、積み立てをして食事に行ったり忘年会をしたりしています。


今日はしらゆり会から役場の男性職員全員にチョコレートを配りました!


あげたほうももらったほうも嬉しい気持ちになって、ステキな日だなと思いました。

2005年02月10日

坂本村長、カメルーンへ! by midori

soncyou.jpgomiyage.jpg


中津江村坂本村長が明日11日から21日までの日程でカメルーンへ親善訪問へ行きます!


その際に、埼玉県川越市の少年サッカーチーム《nufc》より頂いたユニホーム22枚と鯛生金山オリジナルTシャツ100枚、さつまいも、中津江の鷹野さんが作詞した『思い出のカメルーン』のCDをお土産にもっていきます。


今年で75歳のなる坂本村長が30時間近い空の旅を経てカメルーンを訪問しようとするタフさには本当に頭が下がります。


(村長室にて撮影)

2005年02月07日

展示物の紹介です。 by midori

公民館講座で作った作品や趣味で作っている方の作品がいろいろな作品を展示されています。


■パソコン教室の方が作ったチラシ   ■趣味で作っている方のお人形や小物
syuppinn.jpgsyuppin.jpg


■フラワーアレンジメント教室のみなさんの作品
syuppin2.jpg

大盛況のお昼ご飯! by midori

butajiru2.jpgbutajiru.jpg



昨日村民ホールで行われた公民館まつりには、約200人の村民が集まりました。
お昼ご飯は、男の料理教室の方の豚汁と炊き込み御飯で、あっという間にお鍋の中がからっぽになりました。

財団法人中津江村地球財団職員への辞令交付が行われました。 by midori

jire.jpg
2月4日(金)、雪の中、鯛生金山で中津江村地球財団職員への辞令交付が行われました。


辞令を受けたのは、鯛生金山、鯛生スポーツセンター合わせて51人で、坂本村長より1人ずつ辞令を受け取りました。

2005年02月02日

トンネルの中も・・ by midori

yuki15.jpg
トンネルの中にしみだしている水も凍ってしまっていました。

2005年02月01日

吹雪 by midori

yuki7.jpg
たまにビュウビュウと風が吹いて雪が舞います。


今、鯛生金山の事務所に来ていますが、ちょうど車のテープで北の国からの音楽が流れていて、この景色にぴったりあっていました。


今日はここで、財団法人中津江村地球財団職員への辞令交付が行われますが、雪のために来れない人を事務所の人が迎えに行っています。


(我が家にて撮影)

つらら by midori

yuki6.jpg
車のサイドミラーにもつららができてます。


運転をしていても離れないで固まっています。


(走行中に撮影)

大雪です! by midori

yuki5.JPG
昨日のから降り続いた雪で、村中が真っ白です!


本当に真っ白白でとってもきれいです。


こんなに雪が白いのは、空気がきれいだからそうです。

(写真は役場前の写真です)

2005年01月31日

アトラクション by midori

taiko.jpgbuyou.jpg


祝賀会のときにアトラクションとして、金山太鼓、舞踊が披露されました。


村の行事を盛り上げるのはいつも村の人たちです。
踊りを踊れる人がいて、太鼓をたたける人がいて、歌が上手な人がいて、音響担当の人がいて、司会が上手な人がいて、盛り上げ役がいて、裏方がいて、みんなそれぞれの役目を果たして一つの催しができあがります。


3月6日には、市町村合併を前に閉村記念式典が開催されます。

財団法人中津江村地球財団設立祝賀会、中津江村村民互礼会が行われました。 by midori

syukugakai.jpg
昨日30日、鯛生金山で、(財)中津江村地球財団設立祝賀会と中津江村村民互礼会が行われました。


中津江村村民互礼会というのは、村の新年会で村の人たちがバスで乗り合わせて、金山でお酒を飲んだりご馳走を食べたりするのです。毎年行われているのもので、これに合わせて財団法人設立の祝賀会が行われ、約250人の村の人が金山に集まりました。

2005年01月28日

散歩 by midori

sanpo.jpg
昼ご飯を食べた後、森川緑課の杉本さんと博美さんがいつも散歩をしていて、今日は私も一緒に行ってみました。


今日はとっても天気がよくて空が真っ青で気持ちいい風が吹いて絶好の散歩日よりでした。

2005年01月24日

雪かき by midori

yukikaki.jpg昨日降った雪で事務所前の坂がツルツルだったので、雪かきをしました。


左手の建物の中に森川緑課の事務所があります。

2005年01月07日

「中津江村地球財団」設立記者会見 by midori

kaiken.jpg 今日の午前中、12月28日に設立された「中津江村地球財団」設立の記者会見が行われました。


 役場の大会議室には、8社のマスコミの方がいらっしゃって、設立の目的や今後の方針等を村長に尋ねていました。

2005年01月06日

それでは最後に私たち♪ by midori

dezomeshiki4.jpg消防団員のみなさんが食べ終わったとは、最後に婦人会のみなさんが食べます。


dezomeshiki5.jpg
みんな足りた~?
あらもうなくなってしまった。
大鍋いっぱいに作った200人分の団子汁がきれいに空っぽになりました。
今年はちょうどよかったね。
タッパ持ってきとったら恥じかくとこやった
ははははは~


みんなが集まるとあっちこっちで笑い声がして、暖かい気持ちになります。
今年もみんなが大笑いできる素敵な1年になりますように。

あ~あったまる~ by midori

dezimeshiki3.jpg
あ~あったまっる~
だご汁の湯気と吐く息がモクモクと立ち込める中
みんなだご汁をとってもおいしそうに食べていました。


おかわりもどうぞ~

婦人会のだご汁づくり by midori

dezomeshiki2.jpg体育館の外では寒い中婦人会の方々が、消防団員のためにだご汁を作っています。毎年出初式のときには、婦人会の方が炊き出しにいらっしゃるのです。

出初式 by midori

dezomeshiki.jpg
雨のため津江中学校の体育館で行われた出初式にはおよそ100名の消防団員が集まり、人員服装点検や表彰、好評等の行事がとり行われました。


体育館の中でも吐く息が白く、床は冷たくて、そんな中、きれいに揃った列や回れ右はとても気持ちが引き締まりました。


中津江村では7年前に起って以来、7年間無火災なのだそうで、毎年9月には村民対象の非難訓練、11月にはかまど点検、12月末には夜警を行う消防団員の方々のおかげで、村が守られているのだと思いました。

Group Site
中津江村の特産品をご家庭で-天然倉庫
地底博物館、家族旅行村、中津江村を満喫する-鯛生金山
緑豊かな自然の中で各種文化・体育・レクリエーションなどの集団活動の行うことのできる-鯛生スポーツセンター
おでかけ情報
カテゴリー
記事一覧:最近の出来事
森川緑ニュース編集局
E-mail info@nakatsue.com

Powered by Movable Type 3.11-ja