~中津江村の旬の情報をお届けするニュースサイト~

森川緑ニュース

2004年12月22日

手作りパン(川野加容子さん) by midori 【出来事04/07-12】

pan.jpg朝市にときどき登場する加容子さんのパンはとってもふっくらしていてとってもおいしくてみんなに大好評!

感謝祭ではクリスマス用のツリーをイメージしたとってもかわいいパンが販売されましたが、加容子さんが持ってくるやいなやテーブルに並べる前から争奪戦!


あっというまになくなってしまいました。

朝市感謝祭 by midori 【出来事04/07-12】

kansyasai.jpg
昨日、生活研究グループの朝市感謝祭が行われました。
おばちゃんたちが大事に育ててきた、大根、人参、ほうれん草、里芋に白菜、かぼちゃ、ねぎに春菊や大根のお漬物、卵、新米にしいたけ、干たけのこやいもがら、ゆず風呂用のゆず、手作りパンにお豆腐、厚揚げ、こんにゃくに15日にみんなでつくった門松、スポーツセンターのスモークチキンも加わって、待合室いっぱいに商品が並び、たくさんのお客さんがいらっしゃいました。


「ここの竹の子はとってもおいしいから、うちにもあるけどいつもここに来て買う」と言って8時ごろから待っているお客さん。隣村の上津江から毎週バスで買い物に来てくれる常連のお客さんです。「来年はよかお正月がきそうですね」とニコニコして門松を買っていくお客さん。バスの運転手さんも一緒にぜんざいを食べています。精算を済ませて、ぜんざいを食べながら他のお客さんと話をしているうちに、また商品とお財布をもってレジに来るお客さん。子どもに送ってやろうと言ってかごいっぱいに野菜を入れてレジにくるお客さん。そんな中、1月2月はお休みして、3月から再開しますというと、「毎週楽しみにしてきよったとに。3月まで休みなら寂しくなるね」と残念そうなお客さんもいます。


門松やら野菜やらたくさん買って大荷物になったお客さんのために店番のおばちゃんが配達サービスをしました。お客さんの半分ほどは近所からのお客さんなので歩いて配達します。朝市に来たくても薬屋さんや商店など自分のお店の店番があって来れないお客さんのために、からいてぼをからったおばちゃんが配達に行きます。


バスが出発するとお客さんがいなくなって、そのうちにみんなで一服。ゆずはちみつで乾杯しました。


12時前にはほとんどの商品がなくなって、ぼちぼち撤収準備。
「よお、売れたね」とみんな嬉しそうに片付けをしていました。


たくさん商品をもってきてもほとんど売れ残る日もありました。誰も出荷しない日があるかと思えば、店番がいない時もありました。どうなることかと思うときがありました。でも今、「よお売れたねぇ」「楽しいね」と言って笑えるならそんなにステキなことはないと思いました。


1年間ご利用いただきましてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

2004年12月21日

朝市をのぞいてみました。 by editor 【出来事04/07-12】

asaichi.jpg
今日は生活研究グループの朝市が開催されています。
9時から開催ということでしたので、9時過ぎに会場を訪れてみました。

車を停めるとすでに笑い声が聞こえてきます。

腕に野菜をいっぱい抱えたお客さんもいます。
もう売り切れちゃったという生産者もいます。

ぜんざいもどんどんでています。
今日の9時から12時までの開催予定ですが、売り切れ御免の大安売りです。
㈱つえエーピーのゆずはちみつも村民価格で大安売り。


さあさあ皆さん早く会場へ・・・
会場は、中津江村の栃原バスセンターという場所になります。信号のある交差点のすぐそばです。

2004年12月17日

市ノ瀬の平政子さん by midori 【村人紹介】

masakosan.jpg15日の門松づくりのときの写真です。


政子さんはいつ会ってもにっこりしてくれます。


福岡のみんなが市ノ瀬まつりに手伝いに来た時など、釜のお風呂に入れてくださったり、自家製のゆずごしょうや白菜の漬物をだしてくださって、それがとてもおいしかったです。

2004年12月16日

ユリさんの差し入れ by midori 【出来事04/07-12】

onigiri.jpg
昨日の門松づくりのときに、ユリさんが差し入れをもってきてくださいました。


寿司ご飯の海苔巻とかぶのお漬物です。
かぶはつるこさんが朝市に出していた残りをユリさんにあげたものでした。

ご飯を食べてきてた人も食べてきてない人もおいしいおいしいと言っていただきました!

門松づくり by midori 【出来事04/07-12】

kadomatu.jpg
昨日の夜、生活研究グループのおばちゃんたちが公民館で門松づくりをしました。


去年は初めてだったので自分達のぶんだけ作って、今年は、販売用の門松を作りました。


去年は本で作り方を見ながら何時間もかかって1個しかできなかったのに、今年はみんな手際がよく3時間かからないうちに15個の門松をつくってしまいました。


この15個の門松は21日の朝市感謝祭の時に販売します。


おばちゃんたちの暖かい手で作った門松で年を迎えたら2005年もきっといい年になりますよ。

2004年12月15日

12月21日:朝市感謝祭が開催されます。 by midori 【催し案内】

中津江村生活研究グループで毎週火曜日に開催している朝市の感謝祭が開催されます。感謝祭の日に限り、グループのみんなで栽培したもち麦粉を使ったぜんざいをご来店くださったみなさまに無料でサービスします。もち麦粉というのは、もちもちっとした感触のする裸麦の一種で、この日はおばちゃんたち手作りのもち麦だんごも販売されます。


また、今日15日の夜、グループのみんなで門松づくりをし、その門松も感謝祭の日に販売します!


その他、小豆や乾物、野菜に加工品などたくさんの品物を準備してお待ちしておりますので、
どうぞお越しください。


お知らせになりますが、今年の朝市は21日で終わります。
来年は1月~2月までお休みし、3月1日(火)から再開いたしますので
どうぞご利用ください。


 朝市感謝祭
   日時:平成16年12月21日(火) 午前8時半~12時まで
   場所:栃原バスセンター 待合室
      (日田バスセンターから栃原団地行きに乗って終点が栃原バスセンターです)
   お問合せ先
     中津江村役場森川緑「しんせんりょく」課 TEL 0973-54-3111

2004年12月08日

イルミネーション点灯! by midori 【出来事04/07-12】

sakuranoki.jpg11月28日に親和会の人たちが飾り付けをした桜の木です。


真っ暗の中、このイルミネーションの明かりだけがきれいに輝いています。

2004年12月07日

薪割り一家 by midori 【村人紹介】

shinichirousan.jpg定さんとそのお孫さんのかーくんと2人で私に薪割り指導をしてくれたあと・・今度は・・


かーくんのお父さんの真一郎さんが現れたのです!!
そうして定さん、かーくんと同じように、私に薪割り指導をしてくれました。
三世代みんな薪割りができるなんて(^.^)
思わずにっこりしてしまいました。


そしてその後、半日かけて(え?仕事は?)薪割りをし続けたみどりでありました。

かんたん漬け(石鞍紀代子さん作) by mori 【村の食卓】

043.jpg
■石鞍さんからひとこと
おばの家で甘いものを食べた時、見かけが悪いけど食べてみて。とだされた。家でとれた水みずしい大根の漬け物。一夜漬けです。
■材料
大根2㎏ 砂糖280〜 300g 酢1合 赤とうがらし ごま だし昆布(あれば)
■作り方
  1. 大根の皮をむき、切り方はすきなように。(乱切りでも)。
  2. あとは、砂糖・酢を混ぜ、大根をその中に入れる

2004年12月06日

薪割り一家 by midori 【村人紹介】

kazukunn.jpgこないだは赤星定さんを紹介しましたが、今度は定さんのお孫さんのかーくんが薪割りを始めました。


モジモジしながら薪割りしている私を見て一言。
「ちょっと貸して」と言って
薪割りを始めたのです。


これがまたうまいこと。
気持ちがいいくらいにスパンと割れるのです。


さすが、定さんのお孫さんです。

業務連絡:カウンター追加 by oza 【編集局】

念願(?)のカウンターを追加しました。これまでのアクセス総数が不明なため「」からの開始です。グルグルまわしてくださいな。

2004年12月03日

芸術の秋、食欲の秋、食い損なった秋の味覚 by kakuzo 【日暮描蔵の厄落としの書き下ろし】

秋の山々をパステル模様に彩った紅葉も、冬の訪れとともに大地をやさしく包む床となり、春に芽吹き、夏に息づいた緑の葉はススキの銀色の波の襲来でその役目を終えつつある。


枝と幹だけになった木々には鮮やかだった葉の代わりに、紅葉に負けないほどの色とりどりのイルミネーションの明かりが輝いている。気が早いなーと思っていると、もう12月だ!そう、カレンダーも残り1枚になり、年賀状も早々と用意され、何やら飲む機会も多い(それはいつものこと?)


近所のあいさつも「最近めっきり寒くなりましたねー」が決り文句で、そういう私も最近は「今日は暖かいですねー」、「久しぶりの恵みの雨ですね」なんて、さしさわりの無い天気のあいさつで話しを始めてしまう。齢40を越すと、こじゃれた話しもできないしなー・・・

"芸術の秋、食欲の秋、食い損なった秋の味覚"の続きを読む

ちりめんの胡椒あえ(三宅イクヨさん作) by mori 【村の食卓】

chirimen.jpg ごはんのおともにぴったりの、ちりめんの胡椒あえ。ここでいう胡椒は葉とうがらしのことです
■材料
こしょうの葉、乾燥ちりめん、砂糖、醤油、サラダ油
■作り方
  1. こしょうの葉をきれいに洗い、ボイルする
  2. フライパンに油を入れ、こしょうの葉を炒める
  3. しょう油、さとう、ちりめんを入れて汁けがなくなるまで炒める

2004年12月02日

薪割り一家 by midori 【村人紹介】

sadamusan.jpg11月にチェーンソーアートミーティングが1週間あったときに私が薪割りや焚き火をしたことをお話しましたが、そのとき私に薪割りを教えてくれた家族がいたので紹介します。


まずは赤星定さん。


もう慣れたもので大きな薪をきれいに割っていきます。


木にはモトとウラがあるそうで、根っこに近いほうがモトで反対がウラです。
薪割りをするときは、モトから割ったほうが割りやすいのだそうです。

まめまめちゃん(佐藤栄希子さん作) by mori 【村の食卓】

006mamemame.jpg 平成15年10月5日に初めて作りました。小さい頃は、豆の大きさにびっくりし子供の耳かと思いました。
■材料
まめ、砂糖、塩
■作り方
  1. 豆は3日間浸漬けする
  2. 水からぐつぐつと煮る
  3. 沸騰したらびっくり水をする
  4. 3を2、3度くり返す
  5. 柔らかくなったら砂糖を入れる
  6. 舌を頼りに塩を入れる
  7. 「うまい」と感じたら火を止める

2004年12月01日

大根の切り漬け(三宅照子さん作) by mori 【村の食卓】

002.jpg大根のおいしい季節です。 漬物は、家々で味が違いますが、 初心者の方は三宅さんのレシピを参考に漬けてみませんか?
■材料
大根2.5㎏ 砂糖700g 酢200㏄ 薄口しょうゆ200㏄ 濃い口しょうゆ200㏄
■作り方
  1. 大根は一口大に切る
  2. ボールに1を入れて調味液を入れる
  3. 時々混ぜて一夜漬けで食べられる

Powered by Movable Type 3.11-ja