~中津江村の旬の情報をお届けするニュースサイト~

森川緑ニュース

2004年08月29日

大型台風16号接近 by midori 【村の風景】

tanbo.jpg事務所の前の田んぼです。
日に日に『実るほど頭を垂れる・・・』になってきました。

色も少しばかり黄金色になってきています。
今年は、豊作、豊作と喜んでいたら、大型台風16号が接近しています。

去年は雨で凶作でしたね。


12時現在の中津江村では時より風が吹く程度で、雨も降っておりません。
太陽も時々顔を見せます。

今夜ぐらいから激しくなりそうです。
風が吹かないだけでも、稲にとってはラッキーなのですが・・・

ゆりの花が咲いています。 by nakatsue 【村の風景】

yuri.jpgこのごろ、車を運転している時に山側にちらほらと白いものが目に入ってくるようになりました。それは、ユリです。たぶんゆりだと思うのですが、、、

良い場所だったら、群生しているような場所もあります。

岩場やコンクリートの割れ目から出てきてきれいな花を咲かせています。
最初は誰かが植えたのだろうと思っていました。

そしたら、全然植えられそうにないところでも、花が咲いていたのであ~天然?なんだ。
と思っています。
花も天然?って使うのかな?
自然にというより、天然といったほうがインパクトがありますよね。
けど使い方あってます?

とそんなことではなく

条件の悪い足場(土)のなかでも立派に育って、咲いている花を見つけて励まされる、心和まされる休日になりました。

2004年08月25日

中津江MF vol.25 (ラジオ体操(第1)編) by midori 【出来事04/07-12】

25mf.jpgミュージックフェスティバル本番!

 まずは、前夜祭からテントを張ってキャンプしている人も今朝来て車を乗り入
 れてた人もみ~んな会場の外に出ていただいてチケットの確認をさせていただきます。

 このコンサートはみなさんにご購入いただいたチケットの売上で成り立っているような
 ものなので、この確認が大事な大事な作業なのです。

 初めてのお客さんは、え?何が始まるの?という顔で恐る恐る会場の外へ。
 少し遅れて受付にきた常連さんは、もうみんな(会場から)出てしまったと?って。
 よ~くわかっていらっしゃる

 それが終わったら、毎年恒例のラジオ体操が始まります。

 広大な緑とダムの湖畔のささらぎ、そして頭の上いっぱいに果てしなく広がる青い空
 の下、これ以上にない新鮮な空気をたくさん吸って体を動かし、さぁ準備万端です。

 いよいよ野外ライブの始まり~!

中津江MF vol.25 (コンサート中)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf3.jpgまぁ~たくさんのお客さん!

 こんな風にマイ椅子を持ってきている人、シートを広げてお弁当を食べながらとか
 ビール片手にとか、ステージ前で踊ったり、手拍子したり、みんな自分の好きなよう
 に音楽を楽しんでいます。

中津江MF vol.25 (ラジオ体操(第2)編)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf4.jpgコンサートが盛り上がる中、今度は第2ラジオ体操が始まりました!

 朝あんなに少なかったのに、こんなに人が集まってきました。

 朝はテントの中で見ているだけだった人も、だんだんこの盛り上がりに誘われて
 テントから出てきたり、時間が経つにつれ、出演者の方やお客さんたちが会場に
 やってきたのです。

中津江MF vol.25 (ステージ上の風景)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf5.jpgここで、出演者のみなさんがどういったところで歌を歌っているのかご紹介します。

 写真のとおりなのですが、刈り残した草がやけに目立つ、盛り土ステージです。
 足元はもちろん土。

 この盛り土ステージが最初からあったのかこのために作ったのかちょっと今は分から
 ないので、のちほど「うたう村実行委員会」の永瀬英治さんに聞きてみたいと思います

 聞くところによると、雨、風にけずられて以前よりすいぶん擦り減ったのだとか。
 それもまた天然物っていう感じを漂わせますね!

中津江MF vol.25 (ちょっと一息)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf2.jpgなななんと!!
 
 お客さんの中で、森川緑ニュースを見て森川みどりを知っていてお客さんが受付に
 お尋ねに来てくださったのです!

 すっごーい!

 近藤さんはもう何度もミュージックフェスティバルにいらっしゃっている常連さんで
 中津江で前に開催されていたワンダーリング蜂の巣湖というイベントの林道ツーリング
 の先生をしてくださっていて、それからミュージックフェスティバルにも来るようにな
 ったそうです。

 誰でもない、中津江のおっかけだったのでした。
 そんな方に、声をかけていただいて本当に嬉しかったです!

中津江MF vol.25 (実行委員より・・)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf6.jpg うたう村実行委員会の永瀬英治さんは財政を担当しています。
 毎年毎年積み重なる(?)借金のこと、前日の草刈りや備品の準備等
 全エネルギーを出し切ってこのミュージックフェスティバルを支えています。

 そんな英治さんの直筆コメントを読んで25年の歴史を感じてください!

 それから、盛り土ステージのことですが、ミュージックフェスティバルが始まった
 ときにはなくてステージを組んでしていたそうですが、湖畔の整備をしていた当時の
 建設省の方がコンサートがあっていることを知ってご好意でこの盛り土ステージを
 作ってくださったそうです。

 ミュージックフェスティバルは、みんなに愛されて25年を迎えることができたん
 ですね。

中津江MF vol.25 (いよいよクライマックス)  by midori 【出来事04/07-12】

25mf8.jpg午前11時過ぎから始まったミュージックフェスティバルもいよいよクライマックスへ。

 ステージライトだけがまぶしく輝いていて、そんな中で出演者もお客さんもスタッフも
 子どもも若い人もおじちゃん、おばちゃんもみんなが一緒になって飛んだり踊ったり手
 をたたいたり掛け声をかけたり、体中で音楽を楽しんだ。

 村中探してもこんなに熱い場所はなかった。

 毎年名司会を繰り広げる高野新一さんは最後に
  「伝説を伝統にするのはみなさんです」と言った。

 25周年メモリアルライブ
  中津江ミュージックフェスティバルがこうして幕を閉じた。

2004年08月16日

丸蔵ふるさと夏まつりが開催  by midori 【出来事04/07-12】

natu.jpgお盆の中日(14日)に旧丸蔵小学校でふるさと夏まつりが開催されました。
始めたきっかけは、お盆に帰ってきた人たちが家にずっと居るだけだし、何か集まる場所や祭りがあるといいねって取り組んだ地区の祭り。それが年々来る人が増えて、村長まできて村のまつりみたいになってしまいました。

去年まで大盛況だった、にわとり(チキン)レースをスパッとやめ
今年はうなぎレースに、、、始めての体験、うなぎが泳ぐコースまで手作りでちゃんと泳いでくれるのかとそわそわのスタッフ、よーいドン!
泳いだ泳いだ!「行け!行け!」と大騒ぎの観客。

そしてこれまた大盛況のうなぎつかみ大会。
ブルーシートをプールのように泳いで捕まえに行く子どもと着替え持って着てないのに~と途方にくれる親やこんなにうなぎを捕まえてどうするの?と困る親を尻目に真剣に何匹も捕まえてくる子ども達。

他にも、カラオケ大会やラムネ・ビールの早のみ大会、大花火大会など色々なイベントが和やかに過ぎていく一日でした。
そして、この時に並ぶ、
金魚すくいやビール、焼き鳥なんかもみんな地元の人が店番決めて世話をします。
焼きそばなんて、ベテランで変な出店とは比べ物にならないくらいおいしいんです。

食べ物沢山!村の人沢山!、みどりご満悦の一日でした。(伊東)

2004年08月12日

FM小国(グリーン ポケット)に中津江MFの告知に行ってきました。(パート1)  by midori 【出来事04/07-12】

utiawase.jpg8月21日(土)に開催される中津江村ミュージックフェスティバルを少しでも多くの人に知っていただこうと、隣町の熊本県小国町にある、FM小国(グリーン ポケット)に告知に行くことになりました。

7月中に唯一顔を合わせてお話したことのある長谷部さんを頼りに、8月上旬に時間をセッティングしていただけないかお願いしていたんですね。で、

8月3日にFM小国の田邉ディレクターから8月11日か、18日に時間が取れますけどどちらが良いですか?との連絡がきました。
伊東 「(お~告知ができる!とうきうきしながら)で何時からですか?」
田邉ディレクター 「5時からの番組になります。」
伊東 「(5分位かな~と思いながら)で、どのくらいの時間になりますか?」
田邉ディレクター「 だいたい30分位になります。」
伊東 「30分!ですか!」
びっくりです。告知かと思いきや番組だ・・・やばい・・・
うたう村実行委員会の永瀬さんに助っ人依頼、このホームページにも載せたいからと、デジカメ撮影部隊(酒飲みで一本釣りした)大沢さんと3人で、スタジオに行くことになりました。

当日(11日)の1時間前の4時にスタジオに到着。

田邉ディレクター 「いや~今日はわざわざありがとうございます。本日せっかくゲストに来ていただいたのに、スタジオのエアコンが壊れてて、スタジオがむちゃくちゃ暑いんですよ~」

といわれ、スタジオが暑いということより、ゲストと言われたことに少々ビビリつつ打ち合わせを始めました。
隣のミュージックフェスティバルチラシをアイロンプリントしたTシャツに短パンと歩く広告塔状態の永瀬さんも「ゲ・ゲ・ゲスト」と、ゲストと呼ばれたことに意識が集中・・・(パート2へ・・・)

FM小国(グリーン ポケット)に中津江MFの告知に行ってきました。(パート2)  by midori 【出来事04/07-12】

suta.jpgゲストと呼ばれ有頂天になって、3人ともそのままスタジオイン!

しか~し、暑い!やっぱり暑い。
じゃ~始まりますから~といって、パーソナリティーの原山さんが唯一冷たいエアコンの空気が流れ込んできていた入り口をパタンとしめ・・・・ヘッドホンをして・・・
南向きが大きな窓になっているスタジオは、機器の温度とスポットライトと相乗効果?があり、熱気の逃げ場が無く徐々に徐々に暑くなってきました。
窓の向こうでは涼しげな顔をした、田邉ディレクターが「暑いですか~」とエアコンが効いている部屋でニコニコして、こっちを見てる。

隣の永瀬さんは、もう裸足だし・・・ウチワを片手にしゃべってます。

結局何をしゃべってるのかわからず。30分があっという間に経過し自分達の出番が終わった後で、
永瀬 「実は入場チケットがあったんだよ」
伊東 「プレゼントでだす?」
永瀬 「ペア3組くらいなら出せるね。」
2人 「あの~、チケットプレゼントで持ってきてたんですけど・・・」
打合せの時に言っとけよって感じでしょ、何もかも行き当たりばったりでその場の思いつきで行動する2人とデジカメ撮影の為に来ていた大沢氏。

で、生放送終了後、隣の居酒屋「将門」へ開店前に突入~!
おじゃましま~すと入店すると、
店のおかみさんから「今ラジオでとったっちゃろ~」といわれ、すごく感激!

楽しい時間を過ごさせていただきました。
FM小国の 田邉さん、益田さん、原山さん、長谷部さん大変お世話になりました。

そして隣の将門さん、また今度おじゃまします。

Powered by Movable Type 3.11-ja