~中津江村の旬の情報をお届けするニュースサイト~

森川緑ニュース

2002年10月20日

第4回 《旬の味、酢牡蛎、焼牡蛎、カキフライ》  by kakuzo 【日暮描蔵の厄落としの書き下ろし】

 山の端に沈みゆく夕陽に、まばゆく揺れる黄金色のススキの波。赤、黄、緑と、秋を彩る紅葉を語るには、三色では申し訳ないほどのキレイな色で山々を染める木の葉。高く澄んだ青い空とあいまって、華やかな春の色とは一味違った清々しい秋の色たち。(秋は人を詩人にさせるなー・・・)

"第4回 《旬の味、酢牡蛎、焼牡蛎、カキフライ》 "の続きを読む

2002年10月15日

第4回 「紙を食べた人の話」 by midori 【津江中からこんにちは】

第4回目は、「紙を食べた人の話」について、
高校1年生の川津一歩さんに紹介してもらいます。
(文章は津江中学2年生時のものです)


私は、津江の昔話を調べてみました。短い話なので読んでください。

津江んもんが町(日田)に行って、そうめんを食べたそうである。初めて食べたので、大変珍しく、また、おいしかったので、お土産に持ってかえってみんなをびっくりさせようと思った。
それで店に行ったが、そうめんの名前がわからなかったので、「しろして、なげえもんくれえ。」と言った。店の者は首をかしげてしばらく考えていたが、七夕のとき使うこよりのような長い紙を渡した。
それを持って帰って煮て食べたが、なかなか噛み切れないので、そのままのみこんだので、口から尻まで紙が続いたということである。

2002年10月05日

雲海を眺めながらあけびを食べませんか?  by nakatsue 【催し案内】

unkai.jpg
雲海を眺めながらあけびを食べませんか? 2002年10月5日(土)~19日(日)

鯛生金山から、雲海ウォーキング1泊2日のお誘いです。 周囲を山々に囲まれた中津江村では、美しい雲海が見られます。 地元の杉で作られた木の 香ただようログケビンに泊まり、早起きをして、 自然の織りなす神秘の海、山々にかかる 雲海を眺めてみませんか?

期間   2002年10月5日(土)~19日(日)
見学場所 スーパー林道(国道442沿い)

スケジュール
5:00 家族旅行村「ケビン」出発(約5km)
6:10 雲海見学場所到着(途中一ヶ所で雲海見学)
7:30 朝食 雲海鍋とおにぎり
     スーパー林道入口集合(マイクロバスでケビンへ)
10:20 東洋一の黄金郷見学(約1km)と砂金採り体験
  11:30 昼食 (雲海お弁当)
13:00 憩いの森にて植樹・記念写真

 料金
 東洋一の黄金郷見学と砂金採り体験 1300円
 雲海お弁当(お茶付き)      1200円
 記念植樹プレート代        100円

 宿泊
 平日  (2名様)  6500円
 平日  (3~4名様) 5500円
 日祝前日(2名様)  7500円
 日祝前日(3~4名)  6500円

 ★問鯛生金山/tel.0973-56-5316
 ★鯛生金山のホームページ http://www.vill.nakatsue.oita.jp/~taiogold/

2002年10月01日

カメルーン弁当が、バージョンアップ!/800円 by midori 【出来事02-03】

bentou.jpg
鯛生金山で販売しておりました、カメルーン弁当が バージョンアップしました!! 

チキンカツが若鳥の南蛮風香味ソースかけ (七種類の香辛料を使用、ソースは丸秘のオリエンタルソース) に。三色ご飯はそのままに、バナナのボンゴレがココナッツミルクの ボンゴレ(エビ・秋野菜・バナナなどの食材をココナッツミルクで煮 込んだスープ)に。  バナナタルトが旬の栗のタルト(秋の旬食材 栗を使用)に。


 そして、さらに、キャンプ中に、あのエムボマが「うどんが 食べたい」というリクエストをして食べたいという 伝説の山菜うどんが追加されました。


  カメルーンの宿泊した土地で、バージョンアップした カメルーン弁当をぜひご賞味ください!!

Powered by Movable Type 3.11-ja