~中津江村の旬の情報をお届けするニュースサイト~

森川緑ニュース

2002年08月31日

えっ?鯛生金山で、列車が走るの?  by nakatsue 【催し案内】

tetsudo.jpgそうなんです。ほんとなんです。鯛生金山の、夏休み特別 企画。「Go Go JR 列車 出発進行!!」。2002年8月31日までの夏休み期間中、西日本最大の規模で、模型列 車が続々走行します。鉄道ファンはもちろん、列車好きのちびっこも全員集合!
●運行列車 新幹線(のぞみ700系・500系e.t.c) JR特急(ソニック、かもめ、さくらe.t.c) 私鉄各線、外国車両、SLなど
場所/ 鯛生金山 特設会場
協力:「R・ポール高速鉄道」http://homepage3.nifty.com/paul_hi-speedrailway/
★問/鯛生金山 tel.0973-56-5316
★鯛生金山のホームページhttp://www.vill.nakatsue.oita.jp/~taiogold

2002年08月20日

第2回 《マイ・ベスト・フレンド ~美人OL 編~》  by zaneri 【栃野ザネリの中津江ぶらぶら】

tochino_title.gifみなさん、ニィハオ。栃野ザネリです。
早いもので第1回目の掲載より一ヶ月。。。
勢いで書いてみたものの、早くもネタ切れ気味のザネリであります。
あぁ、大丈夫なのか…、この企画…。
まぁ、いい。気を取り直して今回も書いてみるか。
(って、なんでこんなに文豪並みに態度がデカイんだ…。)

第2回目のテーマはコレ!
『マイ・ベスト・フレンド ~美人OL 編~』

私には同い年の悪友がいる。
彼女とはかれこれ小学校入学以来の付き合いだ。
彼女の名前は井野原ルミ。
20年以上つきあっているので半分家族っぽい。。。
ルミちゃんは色白で、クルクルとしたドンングリ眼(まなこ)。同性の私から見ても、黙っていればかなりかわいらしい。 あえて言うならば、さとう玉緒ちゃんに似ているような気がする。しかし、どうも本人はそれでもまだ不満らしい。。。 童顔なのも手伝って、パッと見は25~26歳。薄暗い所で見れば、光線の具合によってギリギリ24歳まではイケるかもしれない。
村出身の割りに小ジャレたファッションに身を包み、博多の街を闊歩する自称『美人OL』だ。
そう。今回のタイトルに『美人OL編』という副題をつけろとを要求したのは彼女本人・・・。
愛らしい見た目とは裏腹に、かなりの毒を吐く等身大の29歳OL。それがルミちゃんだ。

思い起こせば彼女との『お笑いハプニング』には枚挙に暇がない。。。

≪ハプニングその1 ~小学校2年生編≫
「ルミ&ザネリ、半裸で津江川激流に挑む!筑後川上流、野生児の村!」
(解説)タイトル通りにご想像ください。

≪ハプニングその2 ~中学生編≫
「ルミ&ザネリ、渡り廊下で昼寝!『涼しいから。』と言って教師の注意無視!」
(解説)血走った寝ぼけまなこ、しかも体操服姿で叱られる2名をご想像ください。

≪ハプニングその3 ~高校生編≫
「ルミ&ザネリ、無気力に帰宅部希望。買い食いのコロッケ片手に、川原で飼われていたヤギに向かって『宿題終わんねぇんだよ…。』とグチをこぼす。。。」
(解説)秋の夕暮れ時、体育会座りの二人。少ししんみりとご想像ください。

≪ハプニングその4 ~昨年度編≫
「ルミ&ザネリ、ぶらり長崎探訪。夜景の美しい稲佐山に登る!しかし、なぜか血迷ってクリスマス・イヴに敢行…。案の定、恋人達に囲まれて疑惑の眼差し。よせばいいのに"下見、下見。"という言葉を連発し無駄な抵抗。下山時の車中は心も車もガス欠寸前・・・。」
(解説)『アンタ、同姓のアタシから言うのも何だけど…、結構イカしてるよ。』と互いをいたわり合う二人をご想像ください。

と、まぁ、このようにその時々の私のライフステージには必ずルミちゃんがいる。。。

そして、大人(?)になった最近も相も変わらず二人で小旅行なぞしている。
そして、先日もまた行ってきた。行き先は四国。
『仕事に疲れたので、四万十川で癒されたい。』という取って付けたような理由を携えて、ぜよ。。。

四国は二人とも初めての地だった。
が、風光明媚とはこのことで、高知も高松も松山もぜ~んぶ美しい街だった。
四万十川はさやさやと流れ、緑色の絵の具をほんのり溶かしたような透明さ。
桂浜は打ち寄せる波が白い縮緬(ちりめん)のようだ。海の藍はどこまでも澄んでいる。
「こんぴらさん」は重厚な木のたたずまい。ザネリ感嘆、『こんなとこまで誰が運んだんだよぉ。』。
道後温泉は、入り組んだ木造家屋で無駄な空間は一切ない。隅々まで掃除が行き届き、脇に立つヤナギの枝を通り抜けた風は葉っぱの薄緑色に染められて吹いてくるよう。。。

癒された。。。
けっこう、癒された。。。

道中、これらの美しい景色に降り立ちながら、二人でいろんなことを話した。

仕事のこと。
結婚のこと。
親のこと。
将来のこと。。。

私たちの距離は幼い頃から何も変わっていない。
変っているようで、変わっていない。
変わっていったのは、それぞれを取り巻く人や環境なのかな。
もちろん、二人ともその変化に影響を受けていないかというとそれは嘘だろう。
でも、確かに私たち二人の関係は何も変わっていない。

互いに仕事に行き詰ったとき。
自分が年を重ねると同時に年を取っていく親のこと。
私の母が病に倒れたとき。
ルミちゃんのお母さんが亡くなったとき。。。

それぞれ年を追うごとに、背負っていくものや支えていくべき人が増えていく。
そして、自分を支えてくれる人の数も比例して増えていくのだろう。
私を支えてくれている人もたくさんいる。
その中で人一倍大きな柱がルミちゃんかもしれない。
友達でありながら、姉妹のような、親のような、先輩のような。。。
いつもバカ話ばっかりだけど、彼女に励まされ、元気をもらい、どん底の私に光の糸を注いでくれる。
ルミちゃんの中の私もそういう存在であったらいいな。

さてさて。
場面は四国路。
道後温泉から上がった二人は、すっかりタコおやじのように上機嫌。
調子に乗って温泉館のお姉さんに恐れ多くもスッピンでツーショット写真を撮ってもらった。
ウハウハ気分の私は締まりのない顔でルミちゃんにこう言った。
ザネリ『いいとこだよねぇ。アタシ、ここにまた絶対来る!!やっぱ、今回の旅も本番に備えた下見って感じやね!』
ル ミ『ん~…。』
ザネリ『「ん…。」ってアンタ。やだねぇ、ノリの悪い女ってさ。チッ!あ~もう、車から降りてもらうよ、ほんと。』
ル ミ『っていうか…。アタシ達いつも『恋人と来るときの下見』って言ってるけどさぁ…。その本番…、いつ来んの?』

オォ~・マイ・ゴッド!!!!!!
何たることっ!!!
そうだ!ルミちゃん、アンタの言うこと当たってるよ…。
『下見』と言いながら思い出す旅の登場人物はいつもアンタだよ…。
あぁ、ポストモダン。これが『本番』なのか!?

こうやって続いていくのだろう。
ルミちゃんとの人生珍道中。。。

ルミちゃん、二人で讃岐うどんすすってる場合じゃないぜよ。。。

追伸.
今回は、伊野原ルミ先生みずから追加執筆いただき、誠に恐縮ながら栃野ザネリと共著となっております。 ルミ先生、暴走。。。

第2回 《茗荷(みょうが)》  by kakuzo 【日暮描蔵の厄落としの書き下ろし】

 お盆を過ぎても暑い日が続いているが、一時期のジリジリと焼けるような照り返しは無くなった。吹く風の爽やかさとともに、肌にふれる太陽の光も次第にやさしくなってきたようである。夏の夕暮れ、蜩(ひぐらし)がせわしく鳴き始め、額に汗したあの陽射しが少しだけ影を潜めると、何とはなく物悲しさをおぼえる。日曜日の深夜にも同じような感情があって、まさに「今日の日はさようなら」てなわけで、人生の機微を感じるな-。祭りの後の寂しさみたいだが、イベント続きだったので、そんな情緒も感じることなく、空を眺めることも無かったので、いつのまにか雲も秋の気配を演じつつある。

"第2回 《茗荷(みょうが)》 "の続きを読む

2002年08月15日

第2回/「津江の魚たち」 by midori 【津江中からこんにちは】

yamame198.jpg第2回目は「津江の魚たち」について、
高校1年生の松野成浩さんと三苫俊さんに紹介してもらいます。
(文章は津江中学2年生時のものです)

僕達は、津江の魚について調べました。

特に、たくさん魚がいるのは、市ノ瀬というところです。 アユやヤマメなどがいます。 他にも、ウグイやオイカワやコイなどがいます。 ウグイは、尾びれがオレンジ色でとてもきれいな魚です。オイカワは、青くなっているのが特徴です。

津江には,きれいな魚がたくさんいるので、ぜひ、遊びに来てください。

2002年08月10日

音楽のワールドカップ開催迫る! 23年の歴史を誇る伝説の野外ライブイベント  by midori 【催し案内】

grp0219134140.jpg
いよいよ近づいて来ましたミュージックフェスティバル。
今年はカメルーンからワッシー・ビンセントも参加。新たに、出演者が確定しましたのでお知らせします。


 チケットは
   ミュージックフェスティバル実行委員会(中津江村役場内)
   電話0973-54-3111にお問い合わせを。


広々とした栃原グランドで音楽三昧。テントを貼って、そのまま次の日も。暑くなったら、川にザブーン!正統派の夏の過ごし方、素敵じゃあ、ありませんか。


会場 中津江村栃原グランド盛り土ステージ
参加費 2日通し¥4000(税込み) 1日¥3000


第23回中津江ミュージックフェスティバル
日時/8月10日(土)
開場/午後1時 開演/午後2時
出演:平田達彦/フローレス デュオ/SASUKE/DODAS/ブートヒルズ/劉 福君/ハル/ワッシー・ビンセント/瀬戸バンド/モンゴリアン


日時/8月11日(日)
開場/午前10時 開演/午前11時
出演:光玄/カルロス・オルテガ/インディ/Kyu-u


※出演者などは変更する可能性もあります。
★お問合せは メールにて 永 瀬 まで


制作を担当している日田市のミュージックシティさんのホームページ 出演者のホームページにもリンクしています。 http://www.b-net.kcv.jp/~mcity/E7.htm

音楽のワールドカップ開催迫る! 23年の歴史を誇る伝説の野外ライブイベント  by midori 【催し案内】

grp0219134140.jpg
いよいよ近づいて来ましたミュージックフェスティバル。
今年はカメルーンからワッシー・ビンセントも参加。新たに、出演者が確定しましたのでお知らせします。


 チケットは
   ミュージックフェスティバル実行委員会(中津江村役場内)
   電話0973-54-3111にお問い合わせを。


広々とした栃原グランドで音楽三昧。テントを貼って、そのまま次の日も。暑くなったら、川にザブーン!正統派の夏の過ごし方、素敵じゃあ、ありませんか。


会場 中津江村栃原グランド盛り土ステージ
参加費 2日通し¥4000(税込み) 1日¥3000


第23回中津江ミュージックフェスティバル
日時/8月10日(土)
開場/午後1時 開演/午後2時
出演:平田達彦/フローレス デュオ/SASUKE/DODAS/ブートヒルズ/劉 福君/ハル/ワッシー・ビンセント/瀬戸バンド/モンゴリアン


日時/8月11日(日)
開場/午前10時 開演/午前11時
出演:光玄/カルロス・オルテガ/インディ/Kyu-u


※出演者などは変更する可能性もあります。
★お問合せは メールにて 永 瀬 まで


制作を担当している日田市のミュージックシティさんのホームページ 出演者のホームページにもリンクしています。 http://www.b-net.kcv.jp/~mcity/E7.htm

2002年08月01日

さらに今年は、続けてカメルーン音楽祭!  by midori 【催し案内】

日時/8月11日(日)午後3時
会場/ウッドアイ(中津江村民ホール)
出演:ワッシー・ビンセント&band/金山太鼓若鼓衆


カメルーンのみなさん、私たちにたくさんの感動をありがとう!そして、今度は音楽を 演奏しに来てくれてありがとう。私たちの大切な友達、カメルーンのワッシービンセン トさんと、地元の子ども達で構成される金山太鼓若鼓衆の競演が実現しました。 こんな楽しいチラシもできてます。

Powered by Movable Type 3.11-ja